トレーナーやバディになるたびに後輩に伝えてきた姿勢

「自走、前のめり、本気」 数年前から、自分がトレーナーやバディになるたびに後輩に伝えてきた姿勢。

売りと繋がっていないCRMは難しい

辛いものは、いつまでも続かない

クライアントの成功と広告会社の成功のズレ

優良顧客なんてない

一番じゃなきゃダメですか?

着眼点の大切さ

UGCが崩壊し、Lead Userを巻き込んだWEBサービスに置き換わる

多くのWEBサービスが出てきては消えていく中、一般生活者だけで成り立つWEBサービス、UGC(User Generated Contents)もそろそろ限界を迎えてきている。

自販機もデータによるマーケティング高度化の時代に

CMで正統派タレントとお笑い芸人を組み合わせるワケ

広告っぽくない伝え方 進化するプロダクトプレイスメント

コンセプトメイキングだけではなくシナリオメイキングまで必要

サブスクリプションボックス人気の背景にあるセレンディピティ・マーケティングとは

セレンディピティとは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することと定義される。一昔前の広告ってセレンディピティに溢れていたように感じる。偶然の出会い、予想外の発見で心躍り、気付けば欲しくなって買っている商品があった。そんなワクワク体験を提供するのが広告だったのではないか。

ジャニーズに学ぶ、個とグループの両輪で作られるブランド論…

ネットでMay J.が叩かれる理由

メディアプランナーとストラテジックプランナーの違い

サイジングを制する者は、市場を制す

ピックアップ記事

注目記事

何かを応援するブランドコミュニケーション

ブランディングするにあたって「何かを応援している」というポジションを取り、コミュニケーションすることはとても多い。その「何か」とは、「社会的弱者」だったり、LGBTといったまだ理解が浸透できていない「マイノリティー」だったり、夢に向かって「努力している人」だったりする。

Deconstruction

Brand Design

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

アーカイブ

PAGE TOP