第三次メタバースブームを広告会社のプランナーはどうみているか

Facebook社がMeta社に社名変更してから、一気にメタバースに関するニュースが増えた。これが三回目のメタバースブームだと思っている。デジタルがより身近になり、生活と切り離せなくなってきたことが、三回目のメタバースブームへの期待に変わっているのかもしれない。現状、企業の動きで言えば二極化している。

13年間愛用していたEvernote有料会員が、notionへ乗り換えた理由

社会の潮流を捉えるために使える手段

コンテンツの開放が起こす勢い

Z世代よりも若い、α世代に与えるコロナの影響

働きづらさ 生きづらさ

パーパスのコモディティ化

18年にくる5つの消費スタイル

世代・トレンド評論家の牛窪恵さんの予測する18年の消費スタイルについて、自身の見解とともにまとめておく。「メリハリ消費」「コミュニケーション欲消費」「テレワーク消費」「時コン消費」「VR系エンタメ消費」の5つ。

美容垢がPRに染まることは裏切り行為 炎上に繋がった化粧品プロモーション

携帯キャリアCMは複数タレントの道へ

0.5秒が勝負 直感買いが進む若者

広告会社のデータサイエンティスト部門とストラテジックプランニング部署の融合には課題が多い

画像から嗜好を把握し広告配信したい

今月の事業構想を読みながら、いろいろな業種でAI化が進んでいるんだなと驚いた。リクルートのような膨大なデータを保有する企業はわかるが、農業もAI化が進んでおり、病害虫や最適な肥料の量やタイミングを計算し、収穫の時期を予測するなどでA…

コンテンツマーケティングに必要な要素

DMPによる情報ミノムシ型ペルソナ

フォトジェニックの次はムービージェニック?

女性こうあるべき論広告は必ず炎上する

ピックアップ記事

注目記事

デジタル会話量という新指標と計測の仕方

マス主体でコミュニケーションをしてきたクライアントに"デジタル会話量"という新指標を用いて改めてデジタルの必要性を説明することが多い。人によっては「話題化」「バズ」と置き換えて理解されることも…

Deconstruction

Brand Design

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP