ひとりごと

狙いを伝える難しさ

人に狙いを伝えるのが難しいと感じた話。

 

過去、大人数を動かすプロジェクトがあった。

 

体制としては、自分が統括、その下に中間の集約係、更にその下に現場、という三層構造。

 

三層目の現場が混乱しないように、プロジェクトの狙いと共に、現場のタスクを明確化して統括(自分)からトップダウンした。

 

ところが、ある現場から不満の声があがってきた。

 

手段が目的化している!タスクの意味が分からない!とりあえずこなせばいいんだな!と。

 

よくよく話を聞くと、狙いがすっぽ抜けて、三層目の現場にタスクだけが落ちていることがわかった。

 

統括(自分)から、中間の集約係に狙いとタスクをかなり丁寧に伝えても、中間の集約係から三層目の現場にいくにつれ、狙いが抜けて、タスクだけが伝書鳩されることがあることを学ぶ。

 

ふと、一歩引いて、同じようなことが散見されることに気づく。

 

会社の上層部で決まったことが、中間管理職を通じて、現場(自分)に落ちてくる際、なんでこれをやらないといけないんだろう?と疑問に思うことが、これまで度々あった。

 

同じ構造。

 

上層部は、狙いと共にタスクを落としているはずだけど、現場に落ちるにつれて、狙いが伝わらず、現場の混乱をよぶことがあると。

 

人に狙い・思いを伝えるのは、とても難しい。

関連記事

  1. ICOCA
  2. 予想外
  3. ハプニング
  4. 良い感じで見たいものが出てきてる
  5. 僕ホリエモン
  6. ジャニーズに学ぶ、個とグループの両輪で作られるブランド論
  7. モチベーションを引き上げる
  8. 広告会社だって裏切られると傷つくよ

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP