advertising

しゃがむ時期、飛躍する時期

数年スパンで、会社にNEWジェネレーションが入ってくる感覚。

 

価値観が異なる。

 

「結果を早く求めたがる人」が、気持ち増えている感覚。

 

物心ついたころから、ネット環境が整い、SNSを標準装備。

 

知りたい答えがすぐに手に入る世代。

 

知り合いの成功、名声が、毎日スマホに飛び込んでくる。

 

その中で、自分も早く偉くなりたい、早く成功したい、という感覚を持ちやすいのか。

 

もちろん、そんなのは、人によるのだが。

 

結果が伴っていないのに、早く承認されたい、というのがはっきり出てしまっている人が多いと感じるのは、気のせいか。

 

評価されないと、いまの会社では、自分の価値を認めてくれる人はいない、と感じてしまう。

 

悩ましい。

 

結論、「結果」を出してから言えばいい。

 

時流がある。

 

自身の探求していたテーマが、時流にあい、急に社外で注目をあびることがある。

 

トレンドにミートして、急に社内で高い評価を得ることがある。

 

ただし、時流やトレンドにあたるのは、「運」の要素が大きい。

 

人生には、しゃがむ時期がある。

 

ぐっと、こらえて、息を止めて、苦しいけど、焦るけど、次の結果のために、しゃがみ、大きく飛躍する機会を待つ時期がある。

 

早く果実を収穫したくなる気持ちはわかるし、若いときは、「勢い」があれば、それだけで注目を浴びることがある。

 

勢いのある若い奴がいるぞと。

 

粗削りだけど、最近、ああいう元気な奴は珍しいと。

 

ただし、中堅になると、「で、あいつ何か結果だしたのか?」と言われるようになる。

 

「勢い」だけで許されるのは、若い時だけ。

 

しゃがむ時期を受け入れ、ぐっとこらえ、その時までひたすら研磨し、企み、蓄積し続ける。

 

その後にくる、飛躍する時期を目指して。

 

その意味を理解するのは、時間がかかるかもしれない。

関連記事

  1. グーグル10年目の大変身
  2. サービスではなく、モノでのサブスクは失敗する
  3. コミュニケーションモンスターが使うテクニック Yes,ButとB…
  4. 雑誌を読まない若者が増えると何が起こるのか
  5. 広告費をゼロにして完全インハウス化したい
  6. 多重人格探偵サイコ
  7. 春がきた
  8. デジタルクローンで真の予兆マーケティングへ

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP