advertising

  1. 広告費をゼロにして完全インハウス化したい

    将来的に広告費をゼロにし、自社のオウンドだけでマーケティング活動ができるようにしたい。そのために、顧客のロイヤル化、そのための基盤づくり、オウンドの活用を促進したい。

  2. トップファネルマーケティングとミドルファネルマーケティング

    10年くらいのスパンで捉えると、多くの企業、ブランドで、1キャンペーンの予算規模が小さくなってきている。ブランド数が増えた、費用対効果にシビアになった、マスが効かなくなった、など理由は様々だと思うが。困るのが、競合他社が大きな予算でパワーゲームをしている中で、担当ブランドが、競合の何分の一かの予算で戦わないといけないという状況。

  3. しゃがむ時期、飛躍する時期

    結果が伴っていないのに、早く承認されたい、というのがはっきり出てしまっている人が多いと感じるのは、気のせいか。評価されないと、いまの会社では、自分の価値を認めてくれる人はいない、と感じてしまう。

  4. 憑依するチカラ

    憑依するチカラ=クライアント・キーマンに完全になり切るチカラ。

  5. クライアントの成功と広告会社の成功のズレ

    クライアント側が成功した、と感じる広告宣伝活動と、広告会社側が成功した、と感じる広告宣伝活動にズレがあることを度々感じる。 特に、大々的な広告宣伝活動の時にそれを強く感じてしまう。

  6. 優良顧客なんてない

  7. 一番じゃなきゃダメですか?

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP