Planner

生産性を向上させるために

最近は、会社でも生産性向上がトッププライオリティとして掲げられ、より短時間で高いパフォーマンスを発揮することが求めらるようになっている。

 

自分は、毎年残業量が相当多い部類に入ってたけど、今年は一気に業務時間を圧縮することができた。

 

色々と改善のために取り組んできたが、一番効果があったのが、「インナーミーティングに(極力)でない」、というもの。

 

昨今、定例会という形で、業務が進められるスタイルが増えたのもあり、案件の数だけ定例会が設定された。

 

全体のアウター定例会、全体のインナー定例会、更に、同じ部署でのインナー定例会、他部署との分科会、議題がずれたときの分科会など、これが毎週設定される。

 

一日に10個以上打ち合わせが続き、全部終わるのが夜。

 

プランナーは、企画書を作ることが仕事でもあるので、そこからやっと企画書作成が始まる。

 

最近、生産性向上のために取り組んできて気づいたことが、「仕事の大半が打ち合わせであり、その打ち合わせに出なくても、仕事は回る」ということだ。

 

事前に資料を社内展開していても、読んでこないメンバーのために、理解させるためのインナー打ち合わせは正直多い。(最初から読む気がない人は一定数いる)

 

また、いちいち電話や打ち合わせをしなくても、チャットでやり取りできる。(電話した方が早いこともあるけど、お互いの時間を取り合う必要はない)

 

それでも、解決できないものは、打ち合わせをすればいい。

 

また、すべての打ち合わせに真面目に出ることが、真摯な向き合いと思っていたけど、会社全体の視点で言えば、いなくても回る打ち合わせに、無理に出る必要もないのだ。(人件費を抑えられるので)

 

生産性を向上させ、その余剰分を他の時間に使い、価値を高めていく必要がある。

関連記事

  1. 共感のために、リアリティと低クオリティのはざま表現
  2. 四字熟語あだ名で話題の滝沢カレンは優秀なプランナーだ
  3. ターゲット設定の奥深さ
  4. プランナーは自分に似ているタイプを求める
  5. コンセプトメイキングだけではなくシナリオメイキングまで必要
  6. 広告会社のプランナーに必須の5つのインプット方法
  7. 何が必要かわからない「雲掴み案件」
  8. メディアプランナーとストラテジックプランナーの違い

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP