AIブームに乗り遅れないように広告会社が取り組む5つの対策

昨年、日経新聞では毎日のようにAIの記事が掲載されているが、広告会社もその流れに乗って色々とAI対応を進めている。大きくは5つの目的に分類されるのではないか。具体的に電通の例をあげて。

オリジナル電子レンジAmazon Basics Microwaveから見るFit Well思考の未来

○○Payなど参入相次ぐ日本のスマホ決済市場で主導権を握るのはどこか

広告会社のプランナーに必須の5つのインプット方法

プロモーションにおける良いアイデアとは

AmazonサイバーマンデーやPayPayの”祭り”特有の買い物行動

トップマーケターのライブ・プランニングから学ぶ思考プロセス

0.5秒が勝負 直感買いが進む若者

最近、若い人のモノの買い方がより一層“直感買い”が加速しているように感じる。そして、その直感買いをする生活者の“目利き力”もより強化されているのでは、とも思える。ただ刹那的にときめいて買うのではなく、その短いときめいた瞬間でもきちんと目利きもされたうえで買っている。

広告会社の仕事は情熱がすべて

広告っぽくない伝え方 進化するプロダクトプレイスメント

BOTANISTがTSUBAKIのシェアを抜く

リニューアルしたキリン新・一番搾りが好調な理由

プランナー視点で総合代理店がネット専業に負けている理由を5つ考えてみた

総合代理店は、数年前と比べると全体的にスキルアップが進んでいる。それは間違いないのだが、デジタルの出稿額では、総合代理店はネット専業にまだまだ大きく差をつけられているのが実情だ。現場プランナーの視点で、ここが課題だと思うところ5つ考えてみた。

コンテンツマーケティングに必要な要素

画像から嗜好を把握し広告配信したい

ビューティ系商材における、デジタルとマスを活用した大手の…

広告ビジネス次の10年(横山隆治)

ピックアップ記事

注目記事

Instagram、@cosme、価格.com、cook…

クチコミを分析するWEBサービスは多い。ブログや掲示板、2ちゃんねるであれば、クチコミ係長はカバー範囲が広くていい。Twitterを分析したいなら、全量分析ができる…

Deconstruction

Brand Design

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP