AIブームに乗り遅れないように広告会社が取り組む5つの対策

昨年、日経新聞では毎日のようにAIの記事が掲載されているが、広告会社もその流れに乗って色々とAI対応を進めている。大きくは5つの目的に分類されるのではないか。具体的に電通の例をあげて。

オリジナル電子レンジAmazon Basics Microwaveから見るFit Well思考の未来

○○Payなど参入相次ぐ日本のスマホ決済市場で主導権を握るのはどこか

広告会社のプランナーに必須の5つのインプット方法

プロモーションにおける良いアイデアとは

AmazonサイバーマンデーやPayPayの”祭り”特有の買い物行動

トップマーケターのライブ・プランニングから学ぶ思考プロセス

広告っぽくない伝え方 進化するプロダクトプレイスメント

映画やアニメをみていると「プロダクトプレイスメント」という手法で、提供している企業の商品がひっそりと、でも結構使われていたりする。まぁ、昔からある広告っぽくない広告手法だ。最近では、ソーシャル時代を反映して、拡散を期待したインフルエンサー施策と絡めたプロダクトプレイスメントも出てきた。

自販機もデータによるマーケティング高度化の時代に

CMで正統派タレントとお笑い芸人を組み合わせるワケ

イマドキ女子の幸せとは、5mmテンションが上がるくらいの小さな変化を毎日起こすこと

広告会社の仕事は情熱がすべて

企画書の書き方をどうマスターするか

広告会社に入社して、若手プランナーが早々につまずくのが、企画書の書き方ではないか。大学のゼミや研究室でパワーポイントをバリバリ使ってたぜ、という学生も、入社後実際に企画書を書こうとするとうまく書けなくて苦労する。早く企画書の書き方をマスターするには、やっぱり「守・破・離」。

フォトジェニックの次はムービージェニック?

サブスクリプションボックス人気の背景にあるセレンディピテ…

コモディティ化した市場で体験価値をプロポジションにする

雑誌を読まない若者が増えると何が起こるのか

ピックアップ記事

注目記事

UBERが日本で流行らない理由

数年前、UBERが話題となり日本に上陸。多くのメディアでairbnbと並んで黒船的に取り上げられたが 最近めっぽう見聞きしない。東京ではUBERに登録したタクシーが何台かあるようだ…

Deconstruction

Brand Design

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP