エリア別に細かい設計 ご当地プロモーション

流通対策として、エリア別のプロモーションは有効だ。このエリアの人だけに向けたコミュニケーションをするので、来店者数は増えそうだしアテンションも取れそう、そのため棚取りができないか、という営業支援に繋がる。エリア別のプロモーションは各社色々実施しているが、およそ3パターンに分けられる。「食べ物」「ゆるキャラ」「観光地」だ。

バーチャルYouTuberはAKB48並みのファンがいる

Brand Design|BOTANIST

ブランドを作るための設計書 Brand Design

ビジュアルディスカバリーが生む活字偏差値の二分化

女性特有の問題に取り組むフェムテック(Femtech)が注目される

20代前半のギラギラ新勢力

軸を変えればモノは売れる

モノが売れにくい世の中で、“軸を変える”というのは、大切な視点だ。軸を変えることで、後発のブランドであってもカテゴリ内の既存ゲームに巻き込まれず、新しいカテゴリの中でモノを売ることができる。サントリーのCRAFT BOSSは、発売後9カ月で1000万ケースを突破。

広告会社のデータサイエンティスト部門とストラテジックプランニング部署の融合には課題が多い

BOTANISTがTSUBAKIのシェアを抜く

広告会社の仕事は情熱がすべて

コンセプトメイキングだけではなくシナリオメイキングまで必要

ジャニーズに学ぶ、個とグループの両輪で作られるブランド論

マーケティングに従事する人は、ブランディングの難しさに頭を悩ませたことが多々あるのではないか。全然違うカテゴリのジャニーズなんてその辺りが非常にうまくブランディングしているように思う。具体的に、嵐はとてもうまいブランディングをしている。

サイジングを制する者は、市場を制す

Instagram人気に伴う周辺ビジネスの拡大

広告ビジネス次の10年(横山隆治)

DMPによる情報ミノムシ型ペルソナ

ピックアップ記事

注目記事

デジタル会話量という新指標と計測の仕方

マス主体でコミュニケーションをしてきたクライアントに"デジタル会話量"という新指標を用いて改めてデジタルの必要性を説明することが多い。人によっては「話題化」「バズ」と置き換えて理解されることも…

Deconstruction

Brand Design

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP