○○ロスは有望ターゲット

嵐ロスとかペットロスとか、SNSでよく〇〇ロスと聞くが、広告視点では有望ターゲットだ。先月Yahoo!トピックスやスマニュー、テレビなど色々なメディアで取り上げられた宇垣美里アナのKATEのコスプレイベントも、TBSを退職した宇垣ロスからの反動が大きい。

スモールマス、トライブを狙うか、束ねてミドルマスを狙うか

広告会社のトレンドワード アレオレからオレハチガウ

課題設定で差がつく

内勤は人気商売

広告主への出向を経験して

AIブームに乗り遅れないように広告会社が取り組む5つの対策

広告っぽくない伝え方 進化するプロダクトプレイスメント

映画やアニメをみていると「プロダクトプレイスメント」という手法で、提供している企業の商品がひっそりと、でも結構使われていたりする。まぁ、昔からある広告っぽくない広告手法だ。最近では、ソーシャル時代を反映して、拡散を期待したインフルエンサー施策と絡めたプロダクトプレイスメントも出てきた。

広告会社のデータサイエンティスト部門とストラテジックプランニング部署の融合には課題が多い

よなよなエールのスモールマス戦略

夏に売れる商品を冬でも売る

UGCが崩壊し、Lead Userを巻き込んだWEBサービスに置き換わる

サイジングを制する者は、市場を制す

サイジング領域がいまアツい。AISCSは、昨月、スマホで足を撮影するとサイズを計測できるアプリMOBILE FOOT IDの配信を日本と米国で始めた。また、ZOZOは昨年かなりネットを賑わせたセンシングツールを無償提供し始めた。ZOZOSUITは、身体上下を瞬時に採寸し、そのデータがデータベースへと蓄積される。

ビューティ系商材における、デジタルとマスを活用した大手の…

フォトジェニックの次はムービージェニック?

DMPによる情報ミノムシ型ペルソナ

広告ビジネス次の10年(横山隆治)

ピックアップ記事

注目記事

注目記事

人のいない列に並ぶ

2016年のベストムービーは間違いなく「君の名は。」だ。現時点で、国内で興収210億円、タイや中国でもヒットし、これまでの日本映画の歴代興収入を塗り替えた。この映画の真ん中に来るのは「…

Deconstruction

Brand Design

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP