高解像度に設計するHigh Resolution Marketing(ハイレゾマーケティング)

広告会社に入社して、これまで沢山の競合案件に携わってきたが、ここ最近、提案書の枚数が飛躍的に増加している。自分の案件がという意味ではなく、他の人の提案書も含め、全体的に増加している。そして、他社も同じ傾向がある。

共感のために、リアリティと低クオリティのはざま表現

最近、クリエーティブに回帰することをよく考える

○○ロスは有望ターゲット

スモールマス、トライブを狙うか、束ねてミドルマスを狙うか

広告会社のトレンドワード アレオレからオレハチガウ

課題設定で差がつく

後発ブランドがトップシェアを奪うには

既に市場のトップを走るブランドが存在する中 後発ブランドを投入しトップの牙城を切り崩す ということを望まれることは 広告会社にとって珍しいことではない。生活者が後発ブランドに乗り換える、 またはカテゴリーの新規層を連…

0.5秒が勝負 直感買いが進む若者

18年にくる5つの消費スタイル

UGCが崩壊し、Lead Userを巻き込んだWEBサービスに置き換わる

広告会社 中堅社員の17年振り返り

ファンマーケティングが企業になかなか浸透し辛い理由

既存顧客を重視するファンマーケティングってなかなか企業に浸透しない。この問題は結構昔からある問題で、現場の人間が簡単に解決できるものではない。自身はファンを重視したマーケティングがとても大切で、絶対導入すべきというスタンスなのだが、実際企業に導入しようとすると色々ハードルがあり、「わかるんだけど。。」という返答と共にうやむやに消えていってしまうことが何度かあった。

広告ビジネス次の10年(横山隆治)

ビューティ系商材における、デジタルとマスを活用した大手の…

UBERが日本で流行らない理由

フォトジェニックの次はムービージェニック?

ピックアップ記事

注目記事

広告ビジネス次の10年(横山隆治)

購入して半年ほど本棚で眠っていた書籍、やっと読み終わる。広告ビジネス次の10年posted with amazlet at 14.10.28横山 隆治 榮枝 洋文 …

Deconstruction

Brand Design

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP