AIブームに乗り遅れないように広告会社が取り組む5つの対策

昨年、日経新聞では毎日のようにAIの記事が掲載されているが、広告会社もその流れに乗って色々とAI対応を進めている。大きくは5つの目的に分類されるのではないか。具体的に電通の例をあげて。

オリジナル電子レンジAmazon Basics Microwaveから見るFit Well思考の未来

○○Payなど参入相次ぐ日本のスマホ決済市場で主導権を握るのはどこか

広告会社のプランナーに必須の5つのインプット方法

プロモーションにおける良いアイデアとは

AmazonサイバーマンデーやPayPayの”祭り”特有の買い物行動

トップマーケターのライブ・プランニングから学ぶ思考プロセス

広告会社のデータサイエンティスト部門とストラテジックプランニング部署の融合には課題が多い

時事ネタをうまく取り入れた漫画と言えばゴルゴ13だが、 ゴルゴ13も広告会社がビッグデータを活用した話を 現在ビッグコミックで連載を行っている。確かに、広告会社も ビッグデータは大きなビジネスになるので データの売買…

0.5秒が勝負 直感買いが進む若者

広告っぽくない伝え方 進化するプロダクトプレイスメント

UGCが崩壊し、Lead Userを巻き込んだWEBサービスに置き換わる

広告会社の仕事は情熱がすべて

ファンマーケティングが企業になかなか浸透し辛い理由

既存顧客を重視するファンマーケティングってなかなか企業に浸透しない。この問題は結構昔からある問題で、現場の人間が簡単に解決できるものではない。自身はファンを重視したマーケティングがとても大切で、絶対導入すべきというスタンスなのだが、実際企業に導入しようとすると色々ハードルがあり、「わかるんだけど。。」という返答と共にうやむやに消えていってしまうことが何度かあった。

UBERが日本で流行らない理由

ここまで来た!リアルにも侵食するサブスクリプションモデル…

若年層に人気のコスメメディアLIPSと@cosmeを比較…

雑誌を読まない若者が増えると何が起こるのか

ピックアップ記事

注目記事

ママの偉大さ感動ムービー

自分もパパになり、ママの偉大さを知る。ママって子どものことをほんとよく理解していて、パパが泣き止ませようと苦戦している中、ピタッと解決してしまうことも少なくない。子どもが何故泣いている…

Deconstruction

Brand Design

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP