AIブームに乗り遅れないように広告会社が取り組む5つの対策

昨年、日経新聞では毎日のようにAIの記事が掲載されているが、広告会社もその流れに乗って色々とAI対応を進めている。大きくは5つの目的に分類されるのではないか。具体的に電通の例をあげて。

オリジナル電子レンジAmazon Basics Microwaveから見るFit Well思考の未来

○○Payなど参入相次ぐ日本のスマホ決済市場で主導権を握るのはどこか

広告会社のプランナーに必須の5つのインプット方法

プロモーションにおける良いアイデアとは

AmazonサイバーマンデーやPayPayの”祭り”特有の買い物行動

トップマーケターのライブ・プランニングから学ぶ思考プロセス

0.5秒が勝負 直感買いが進む若者

最近、若い人のモノの買い方がより一層“直感買い”が加速しているように感じる。そして、その直感買いをする生活者の“目利き力”もより強化されているのでは、とも思える。ただ刹那的にときめいて買うのではなく、その短いときめいた瞬間でもきちんと目利きもされたうえで買っている。

UGCが崩壊し、Lead Userを巻き込んだWEBサービスに置き換わる

軸を変えればモノは売れる

美容垢がPRに染まることは裏切り行為 炎上に繋がった化粧品プロモーション

18年にくる5つの消費スタイル

メディアプランナーとストラテジックプランナーの違い

すべてのメディアプランナーとストラテジックプランナーがそうだ、という意味ではないことを前提に。自身がデジタル領域のメディアプランナーだったこと。そして、今はコミュニケーション領域のストラテジックプランナーをやっていることから…

コモディティ化した市場で体験価値をプロポジションにする

家庭用音声AIアシスタントによって生活者の購買行動が変わ…

若年層に人気のコスメメディアLIPSと@cosmeを比較…

Instagram人気に伴う周辺ビジネスの拡大

ピックアップ記事

注目記事

サブスクリプションボックス人気の背景にあるセレンディピテ…

セレンディピティとは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することと定義される。一昔前の広告ってセレンディピティに溢れていたように感じる。偶然の出会い、予想外の発見で心躍り、気付けば欲しくなって買っている商品があった。そんなワクワク体験を提供するのが広告だったのではないか。

Deconstruction

Brand Design

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP