ひとりごと

辛いものは、いつまでも続かない

バラバラに動いているメトロノームを100台置いておくと、ものの数分で、すべてのメトロノームが同じリズムで動くようになる。

 

この同期現象、生物界でも見られるようで。

 

蛍の発光、カエルの鳴き声、コオロギの音色なども、相互に同期するのはよく見る光景。

 

人間も、スポーツや音楽でZONE状態に入ると、お互いの脳活動が同期するという研究も出ている。

 

目に見えるものではないが、人間同士リズムや周波数のようなものを発しており、それによって無意識に、快・不快を感じているようにも感じる。

 

広告会社に入社して、自分の中で結論付けた解がある。

 

「辛いものは、いつまでも続かない」

 

辛くてしんどい仕事は、永遠に続くものではなく、気づけばその仕事自体が、何かしらの要因で、勝手にどこかに行ってしまう。

 

この人と一緒にいるとストレス多くてしどいな、と感じていると、気づけばその人が、どこかに異動することになっていた。

 

この異動は、社内も、クライアントもそう。

 

ぐっとこらえる時期があって、心折れそうなときも、しばらく耐えていると、向こうから消えていく現象が何度もあり、「辛いものは、いつまでも続かない」ものだと、感じるようになった。

 

ここ数年振り返っても、これは結構きつい仕事で、クライアントも広告会社もお互いが消耗戦だと感じていたものが、最終的にその仕事をお互いクローズすることになり、無理のあるものはいつか消えると改めて感じた。

 

周りをぞんざいに扱う人がいて、その周辺にいる人からも不満が漏れ聞こえていたのだが、ある時、その人やその環境自体がリセットされ、急に健康的な環境が現れる、ということがあったのだが、こちらも、やはり無理のあるものは続かないということだと感じる。

 

嫌なことがあっても、一定期間我慢すれば、向こうから勝手に消えてくれるものであり、永遠に続くものではないと気づいてからは、どんな仕事、どんな人がいても、乗り切れると考えるようになった。

関連記事

  1. マーフィーの法則
  2. モチベーションを引き上げる
  3. デジタルクローンで真の予兆マーケティングへ
  4. 続けること
  5. クライアントの成功と広告会社の成功のズレ
  6. 20代前半のギラギラ新勢力
  7. 初コースデビュー
  8. 成功した者は皆すべからく努力している

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP