advertising

若年層に人気のコスメメディアLIPSと@cosmeを比較してみてわかったこと

東大発のコスメアプリLIPSが今、若年層の中でアツい。

 

10代から20代前半の女性にコスメの情報収集を聞くと、LIPSというコスメアプリがたびたび出る。

ミレニアル世代向けのLIPSは、リリース後9ヶ月で30万DL、今では60万DLを突破している。

 

 

規模としてはまだまだ小さいが、広告会社やクライアントの口からもLIPSで情報発信したい、クチコミを増やしたいという声を良く聞く。

 

これまでコスメメディアと言えば@cosmeが代表格だったが、下の世代はそれに代わるメディアにシフトしているのではないか。

 

王者@cosmeは、月間利用者数1,200万人で、20-30代女性の2人に1人が利用。

ブランドもクチコミ数も圧倒的。

 

一方で、LIPSは2018年2月に60万DLとまだまだ小さく、90%以上が10-20代。

SNSのようなタイムライン機能を持ちつつ、コメントやお気に入り、ランキング、プレゼント応募、購入までができる。

 

中1-高3までの女子学生の調査ではユーザーの約9割がLIPS経由で購入したことがあり、拡散と購入が向いているメディアだ。

 

広告会社のマーケターや、クライアントの化粧品担当者であれば、@cosmeのクチコミをキャプチャや抜粋して、自社や競合を分析することがあるはずだ。

 

30代以上の女性が使うブランドであれば、TwitterやInstagramを除いて、コスメメディアはおよそ@cosmeを調べておけばよかったが、今後は若年層向けのブランドが出た時はLIPSも合わせてみていかないといけない

 

ここ最近、売れに売れているロートのトーンアップUVエッセンスを、@cosmeとLIPSで見てみる。

 

@cosmeでは、

レーティング4.6点/7点満点

クチコミ数458件

ランキング1位(日焼け止め顔用ランキング)

LIPSでは、

レーティング4.4点/5点満点

クチコミ数872件

ランキング1位(月間ボディランキング)

 

クチコミではLIPSの方が@cosmeの2倍ほどある。

それぞれのクチコミを450件ずつ抽出してテキストマイニングをかけてみる。

 

ワードクラウドだと、あまり変わらない。

 

出現頻度を見ると、LIPSだけに出るワードに、「バレる」「スクール」「涙袋」「ティント」「メンソレータム」「KATE」「GIRLS」「白い」「すごい」「すぎる」「プチプラ」「学校」などがある。

 

学校に行くときの(バレ・怒られない)メイクとして、トーンアップUVエッセンスが語られている。

プチプラを使ったメイク方法と、○○すぎる、といった若者のコトバで感想が投稿されていることがわかる。

 

評論というよりも日常の本音という感じか。

 

 

そもそもLIPSのクチコミを見てみると、@cosmeとは全然異なる。

 

@cosmeは割と短い文章で機能や仕上がりが書かれている。

 

 

一方で、LIPSは長文で使い方から感想、シチュエーションなど細かに書かれている。

もはやブログだ。

 

コスメメディアだが、本音を書くブログの延長のような投稿が多い。

さらに、それがシェアしやすく、そのまま気になれば購入できるのが強みだ。

 

LIPSが今後、ベスコスなど@cosmeのようなランキングによるお墨付きを重視しだすと、プチプラを中心に多くのコスメ企業が殺到するのが想像できるな。

関連記事

  1. ライブコマースが日本でも加速
  2. ビューティ系商材における、デジタルとマスを活用した大手の逆襲
  3. ビジュアルディスカバリーが生む活字偏差値の二分化
  4. メールをしなくなる。LINEをするようになる。
  5. AIは広告会社にとって敵か
  6. 共感を入口に話題を作る あるあるネタ広告
  7. 言語学習者向け相互添削サイト Lang-8(ランゲート)
  8. ポップアップストアやプレイスメントブームに潜む罠

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP