advertising

若年層に人気のコスメメディアLIPSと@cosmeを比較してみてわかったこと

東大発のコスメアプリLIPSが今、若年層の中でアツい。

 

10代から20代前半の女性にコスメの情報収集を聞くと、LIPSというコスメアプリがたびたび出る。

ミレニアル世代向けのLIPSは、リリース後9ヶ月で30万DL、今では60万DLを突破している。

 

 

規模としてはまだまだ小さいが、広告会社やクライアントの口からもLIPSで情報発信したい、クチコミを増やしたいという声を良く聞く。

 

これまでコスメメディアと言えば@cosmeが代表格だったが、下の世代はそれに代わるメディアにシフトしているのではないか。

 

王者@cosmeは、月間利用者数1,200万人で、20-30代女性の2人に1人が利用。

ブランドもクチコミ数も圧倒的。

 

一方で、LIPSは2018年2月に60万DLとまだまだ小さく、90%以上が10-20代。

SNSのようなタイムライン機能を持ちつつ、コメントやお気に入り、ランキング、プレゼント応募、購入までができる。

 

中1-高3までの女子学生の調査ではユーザーの約9割がLIPS経由で購入したことがあり、拡散と購入が向いているメディアだ。

 

広告会社のマーケターや、クライアントの化粧品担当者であれば、@cosmeのクチコミをキャプチャや抜粋して、自社や競合を分析することがあるはずだ。

 

30代以上の女性が使うブランドであれば、TwitterやInstagramを除いて、コスメメディアはおよそ@cosmeを調べておけばよかったが、今後は若年層向けのブランドが出た時はLIPSも合わせてみていかないといけない

 

ここ最近、売れに売れているロートのトーンアップUVエッセンスを、@cosmeとLIPSで見てみる。

 

@cosmeでは、

レーティング4.6点/7点満点

クチコミ数458件

ランキング1位(日焼け止め顔用ランキング)

LIPSでは、

レーティング4.4点/5点満点

クチコミ数872件

ランキング1位(月間ボディランキング)

 

クチコミではLIPSの方が@cosmeの2倍ほどある。

それぞれのクチコミを450件ずつ抽出してテキストマイニングをかけてみる。

 

ワードクラウドだと、あまり変わらない。

 

出現頻度を見ると、LIPSだけに出るワードに、「バレる」「スクール」「涙袋」「ティント」「メンソレータム」「KATE」「GIRLS」「白い」「すごい」「すぎる」「プチプラ」「学校」などがある。

 

学校に行くときの(バレ・怒られない)メイクとして、トーンアップUVエッセンスが語られている。

プチプラを使ったメイク方法と、○○すぎる、といった若者のコトバで感想が投稿されていることがわかる。

 

評論というよりも日常の本音という感じか。

 

 

そもそもLIPSのクチコミを見てみると、@cosmeとは全然異なる。

 

@cosmeは割と短い文章で機能や仕上がりが書かれている。

 

 

一方で、LIPSは長文で使い方から感想、シチュエーションなど細かに書かれている。

もはやブログだ。

 

コスメメディアだが、本音を書くブログの延長のような投稿が多い。

さらに、それがシェアしやすく、そのまま気になれば購入できるのが強みだ。

 

LIPSが今後、ベスコスなど@cosmeのようなランキングによるお墨付きを重視しだすと、プチプラを中心に多くのコスメ企業が殺到するのが想像できるな。

関連記事

  1. 史上最年少 女性ビリオネアのカイリー・ジェンナーのマーケティング…
  2. 建前ではなく本音を堂々と肯定されたい
  3. コンセプトメイキングだけではなくシナリオメイキングまで必要
  4. スモールマス時代に効果的なSTST視点のプランニング
  5. 3つの香り
  6. 広告マンが、子どもが産まれて気づくこと
  7. 優秀な人は仮説を持っている
  8. サイジングを制する者は、市場を制す

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP