advertising

ワクワクよりも安心を重視

色々なクライアントとフェイスする中で、ワクワクする提案を今まで通り求められるが、それ以上に確実に売れる提案の方を重視されることが増えた。

 

トレンドとしては、ワクワクよりも安心を重視、という感じ。

 

 

ワクワクすること、楽しいことが大好きなクライアントからも、それでいったいどれくらい売れるのか?我々のKGI、KPIにどれくらいコミットするのか(我々は安心できるのか)と最初に質問が飛んできた。

 

あぁ、時代が変わってきたなと、感じた瞬間。

 

もちろん、確実に売りつつ、そのブランドらしくワクワクするコミュニケーションの発信が望ましいが、そのバランスを作るのが今後の課題になってくるんだろうな。

 

マーケティングROIが、特に問われる時代。

 

そのコミュニケーションをすると、ビジネス上、何の意味があるのかをセットで提案しないといけない。

 

それやると、これくらい売れます、と。

 

そのためには、意味を提示する過去事例やノルム値、さらに統計のソリューションも必須になる。

 

また、売れる、という視点でプランニングする際に、広告会社の儲けにならない領域とどう向き合うか、という問いも出てくる。

 

例えば、企業コレボレーションだったり、流通や販売店での施策、販売チャネルの開拓など。

 

クライアントが直接やる領域。

 

取り組むことで売りにつながりやすくなるが、広告会社としての儲けにはなりづらい。

 

クライアントの立場になって、真摯に向き合うか、広告会社の立場で、それは儲けになるのかは、今後も議論になるポイントだろうな。

関連記事

  1. ラウリル
  2. わしょーい
  3. チョコレートの日
  4. 来年はGreenDay
  5. 内定取消が増えている
  6. こびとづかん
  7. 旧来型の美容院を変えるヘアサロン「アルバム」のこれからのマーケテ…
  8. 広告会社 vs コンサル

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP