advertising

東洋経済の「10年間で残業が大きく減った100社」ランキング、1位は電通グループ

東洋経済の「10年間で残業が大きく減った100社」ランキング

 

電通グループで50時間から12.5時間(いずれも所定外時間)に、37.5時間減らした。

 

減少率は75%。

 

タイムマネジメントダッシュボード、最適時間カレンダーの導入、過重労働者の面談や勤務間インターバル制度、毎月の有給奨励日など、ここ数年の大きな働き方改革は、内にいればひしひしと感じるものだった。

 

「ほんと、うちの会社、いい会社になったなぁ」と、ふと、口に出してしまう。

 

もともと、会社にはワーカホリックな人が多かった。

 

働くことが生きがいとなってる人が、少なくなかったように感じる。

 

自分も、その部類の人間で、働くことがすべてで、自分から働くことを奪ってしまったら、何も残らないくらい、仕事にのめり込んできた。

 

いまでも、この仕事が好きでたまらない。

 

クリーンな会社を目指すことで、働きやすいと感じる人も増えたが、一方で、生きがいが奪われた感覚を持ち、窮屈に感じる人もいるように思う。

 

なにが幸せなのか、どうしたら働きやすい環境になるのか、最近よく考える。

 

子どもが生まれ、家族との時間を増え、家族の幸福度は格段に上がっていると、これが正解なのかもとも思える。

 

また、ここ最近、中途採用でうちのグループ会社が、好調だとも聞く。

 

他の代理店やコンサル会社は、夜10時以降や、早朝も働くことがいまでも当たり前だ。

 

そう思うと、業界全体は、まだ変わる必要があり、時間もかかりそうだな。

関連記事

  1. デジタル会話量という新指標と計測の仕方
  2. 枠に収まらない選択肢 10年目のボヤキ
  3. イノベーションジャパン2007に合流
  4. Deconstruction|U時間
  5. 携帯キャリアCMは複数タレントの道へ
  6. 広告ビジネス次の10年(横山隆治)
  7. 広告で要潤(かなめじゅん)がイジられまくっている
  8. クリエーティブなど、感性の仕事までAIが奪い出した

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP