advertising

ファネルのとおり、生活者って商品を買ってますか?

と、最近よくクライアントから言われる。

 

「商品を買うとき、認知して、興味をもって、検討して、買う、ということなんてしてないと思う。この前、テレビを買いに行った時も、店頭で検討して、買ったので、ファネルの通りではなかった」というような話は、ほんとよく聞く。

 

それで、ファネルという考え方が違うと思う、ファネル以外の概念で設計すべきではないか、と言われる。

 

Googleがパルス消費と言っているのが影響しているのか。

 

某家電会社や、某化粧品会社は、ファネルをやめて、ループ型の考えで、生活者のジャーニーを描いているところもある。

 

自分の意見から言うと、ファネルという概念は変わらずあるけど、その時間軸が短くなっているカテゴリーが増えてきた、ということなのかなと。

 

良いなと思って、そのままポチれるデジタル環境、SNSやネットで正解が見つけやすいメディア環境の中で、興味つことから買うまでの時間がものすごく短くなっている。

 

また、買ってから製品が改善し続ける製品、体験価値を高めつづけるサービスなど、とりあえず、買っといても間違えづらい製品・サービスが増えているのもあるのでは。

 

ブランド名やどこの企業がつくっているかは問わないけど、安ければいいというものであればファネル自体が不要なものだが、代理店が対峙する多くの企業はそんな商品を販売していないので、結局はファネルという概念は残っているのではないか。

 

ファネルを取り入れているけど、思考停止させ、認知、興味、意向、購入と何も考えずに、設計しているのが、一番厄介だ。

 

ブランドによって、認知を、課題認知や、製品認知、キャンペーン認知に置き換えるのもよいだろうし、ミドルファネルを、好意や興味、来店意向など、取り巻く環境や強化すべき指標に合わせて設計すべきなんだよな。

関連記事

  1. 短い
  2. 岐路
  3. これで終わりかと思うと
  4. イノベーションを起こしたいなら、しくみから変える
  5. 日経MJ17年上期ヒット商品番付から、その年のトレンドを知るため…
  6. 外見より中身が大切は嘘
  7. 心に残る初めての結婚式
  8. 軸を変えればモノは売れる

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP