advertising

文字を読まない前提で考える

2008年に、WEBユーザビリティの第一人者のヤコブ・ニールセン博士が描いた「ユーザーはいかにテキストを読まないか」の中で提示されたグラフ。

 

WEBページにおいて、

 

100ワードを超えると、閲覧者は50%減り、1200ワードを超えると、20%程度しか残っていない。

 

A4のワード1枚が1440文字なので、A4一枚ほどの文章が書かれたWEBページを最後まで読む人は、来訪ユーザーの2割ほど、となる。

 

2008年の分析なので、そこから15年。

 

文章から画像へ。画像から動画へ。長尺から短尺へ。

 

もっと、文章読まなくなってるよね、と。

 

読まれない時代の、サイトのあるべき姿ってどんなものか。

 

読まれない前提で、ブランドのメッセージをどう伝えるか。

 

サイトという手段に固執しない、という考えもある。

 

低コストで自社サイトに連れてくるという発想自体、とりあえず、反射的に考えるのをやめよう・・。

関連記事

  1. モチベーションを引き上げる
  2. 人は自分のことを知らない
  3. GoogleドキュメントにSafariも対応
  4. リニューアルしたキリン新・一番搾りが好調な理由
  5. クリエーティブなど、感性の仕事までAIが奪い出した
  6. 書籍の管理
  7. 広告でアイドルを起用したらファン向けサイトを作るべき
  8. ブームにならないで売れ続ける難しさ

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP