Marketing

50手先の一手

2016年7月。

 

SoftBankがARM社を買収。

 

そのころ、多くの株主やメディアから、「既存事業との直接的な結びつきが見えない中、何故そんな会社を買ったのか」と、疑問視された。

 

孫社長は、「囲碁でいえば飛び石。10手先、50手先を考えて打った」と説明。

 

50手先の一手。

 

そのころ、半導体設計大手のARMは、スマートフォンの中核部分を握るビジネスを展開。

 

その2年後の2018年、ARMは、Treasure Dataを買収。

 

いま、OneIDとか、CDPをどうするかと議論されるが、ビジネスの中核を担うのがARMで、そこまで読んでいたかはわからないけど、先の先を読んでのSoftBankの買収。

 

いま、半導体不足で、多くの企業が生産もおぼつかない。

 

先見の明。

 

そんなことを視野に、会社の中で、毎年色々なプロジェクトを立ち上げるのだが、50手先を結構意識して、その手を打つようにしている。

 

最初は、なんでそんなんやってんの?と言わるんだけど、いーや、いつかこれが、ど真ん中にきて、誰もが必要になるテーマなんだよと、思いつつ、周りを少しずつ巻き込みながら進めている。

 

そんな仕込んでいたものが、ここ最近2つ、一気に50手先の一手に変わった。

 

備えていたから、出せるものがある、と改めて思った。

 

やはり、しつこく、しつこく、やり続けるのが大事。

関連記事

  1. 今年こそビジコン
  2. 人のいない列に並ぶ
  3. 完全にはムズいけど
  4. 就活でアナウンサー
  5. フリーター、家を買う。
  6. 広告とジェンダーレス
  7. ミスコン
  8. ライフタイムカレンダー

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP