advertising

若者にノスタルジーは効かない

面白い企画書ってところどころ、自分の知らないことや、なるほど、そう言われてみれば、といった要素が含まれている。

いわば発見要素が多い。

自分の知識の範疇、考えの中の企画だと、驚きも少なくなり、読む人に与えるインパクトが小さい。

如何にその範疇を裏切れるか、が大事な気がする。

ティーン向けの企画を考えるとき、ブレストで中学高校の甘酸っぱい表現や、汗水かいた青春ど真ん中表現の案が出やすい。

大人視線で言うとノスタルジー表現か。

でも、そういったノスタルジー表現はターゲットのティーンには実は響きにくい。

個人的にポカリのエールというCMが大好きで、YouTubeでも何度も観て、素敵だなぁと思っていた。

部活で汗かいたあの感じ、廊下を友達と歩いたあの感じ、クラスで馬鹿騒ぎしたあの感じ、と。

胸がぐっと熱くなる感じを覚えるが、それをティーンに見せてみると反応が異なる。

「だから何?」

「学校のいつもの光景だけど」

彼らにとって、当たり前の日常すぎて、驚きや新鮮さがないため、大人が感じたようなノスタルジー感が理解できないのだ。

広告を作るのは大人だし、物買うのは基本大人のため、つい忘れてしまう視点。

子どもの目線でみると、見える光景が異なる。

とはいえ、青春系表現が伝わらないかと言うとそうではない。

シーブリーズのような、胸キュン恋愛表現は昔から変わらずティーンに響く。

あー、こんな恋愛したい、こんな妄想叶えたいという心理をつき、自分の経験外を表現しているため、いいな、と思うのだろう。

若者にノスタルジーは効かない。

忘れないようにしよう。

関連記事

  1. 承認欲求世代の若者
  2. 今を作る時間
  3. 広告会社のデータサイエンティスト部門とストラテジックプランニング…
  4. セレブの嗜好ログリストが欲しい
  5. 初速の売上をデジタルで最大化させる
  6. NAVERまとめのTwitterまとめ
  7. グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略|シャーリー…
  8. 美容垢がPRに染まることは裏切り行為 炎上に繋がった化粧品プロモ…

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP