Insight

何を満たすために、モノを買うのか、体験するのか

大王製紙元会長の井川意高さんって、海外のカジノにハマり、会社の金に手を出してしまい、結果、100億円以上を失った。

 

最近、メディアに出ていて、面白いことを言ってた。

 

博打は臨死体験。勝ったら勝ったで嬉しいですよ。でも、私みたいなバカは勝って何か買いたいわけじゃない。お金が欲しくてやってるんじゃない。むしろ、お金なくしたくてやってる。破滅の一歩手前まで行って戻ってくるっていう、臨死体験だと思ってる。

 

博打をするのは、金稼ぎではなく、「臨死体験」のため。

 

すごい、

 

夜、会社帰りにコンビニで、ハーゲンダッツやチョコレートなど、甘いものを買ってしまう人は、おいしいものを買いたいということよりも、「一日を締めくくるための、自分の時間を作ることを満たしたい」というのがある。

 

高級万年筆や、高級腕時計を買う人は、高くて質のいいものを持ちたいというのもあるかもしれないが、その奥には、「人生の成功の象徴を所有することで、自己肯定感、さらには達成欲・幸福欲を満たしたい」というのがある。

 

行動の奥にある、満たしたい欲求をつかむのが、プランニングの醍醐味だよなぁと思った。

 

臨死体験は、まず思いつかんけど笑

関連記事

  1. ビジュアルディスカバリーが生む活字偏差値の二分化
  2. 共感のために、リアリティと低クオリティのはざま表現
  3. 新型コロナで、それ本当に必要なんだっけ意識が高まる
  4. ターゲット設定の奥深さ
  5. 顕在層に引き上げる行動喚起型テレビCM
  6. 50手先の一手
  7. どれだけどしゃぶりの雨が降っても、求められるまで傘を差しださない…
  8. デジタル時代のそれぞれのメディアの役割

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP