Business

地図ビジネス

地図ビジネスは、
お金になるビジネスであるが、ノウハウが重要となるビジネスでもある。

Googleは、以前からGoogle Mapという無料サービスを提供している。

最近では、京都のお寺の中や南極、イタリアコロッセウム内、海中など様々な場所を見ることができる。

また、その技術を応用して、おみせフォトというお店の中もストリートビューで見ることができるようになった。

ちゃんと店内を歩くことができる。

意外と地図ビジネスはお金になる。

経済産業省が2008年にまとめた「地理空間情報サービス産業の将来ビジョン」によると、デジタル地図・位置情報の国内市場規模は2013年に10兆円に達する見込み。

PCでの利用や、自動車のカーナビ、スマートフォンのアプリなど利用意図は様々。

最近、AppleはiOSのアップデートに伴い、GoogleMapの利用をやめ、自社で開発することになった。

しかし、あまりの完成度の低さから批判が相次ぎ、最終的にはスコット・フォーストール上級副社長が責任をとって退任することも決定した。

興味深いと思ったのが、
Google、Yahoo!、Microsoftの3社とも、ゼンリン社から”同じ”地図データを購入しているところだ。

3社の地図を見ると全く異なる画面を表示させるので、基データが同じとは驚く。

これは、同じデータを基にしていても、それをどう料理するかが重要となってくる。

何階建て以上のビルはこの縮尺からは表示する、国道でも道幅が狭ければ強調しない、鉄道の路線図を目立つようにする…など。

各社独自のルール作りと、それらをどう表示させるかといった職人芸が大切である。

最近、スマートフォンの普及によりカーナビ市場が影響を受けていると聞く。

今や、音声案内やリアルタイムの渋滞情報もスマートフォンのカーナビアプリで事足りる。

地図を制した物がビジネスを制するとは良く言った言葉だ。

関連記事

  1. フォトジェニックの次はムービージェニック?
  2. データがないなら人力でアナログ情報をデジタル情報に変換せよ
  3. 広告ビジネス次の10年(横山隆治)
  4. KING
  5. 3つの香り
  6. 企業コラボレーションの成功法則
  7. 東京へ行ってきます
  8. 変革を迫られるアパレル業界

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP