advertising

心理的安全性を高める合言葉

心理的安全性という言葉が流行っている。

サイコロジカル・セーフティ。psychological safety。

 

最近は、Googleが社内の生産性をあげるうえで必要な因子として、取り上げられたことで日本でも度々取り上げられるコトバ。

 

この会議、雰囲気悪いなぁ。

なんか張り詰めた空気で、下手な発言しづらいわ~。

 

という心理的不安感は、議論を活発にせず、生産性を著しく落とす。

 

とりあえず、思いついたこと言ったろ!

しょーもないことだけど、これ言わして!

 

と、アイデアがポンポン出るような雰囲気だと、本音で、議論が活発になる。

 

仕事は環境で決まる、という言葉の通り、心理的な安全性があるかないかで、アウトプットは大きく変わる。

 

広告会社は、職種にもよるが、1人のプランナーが抱える仕事は、数~十数社を担当し、業務・PJとして、アクティブなもので言えば、数案件~十数案件を同時並行して推進することになる。

 

複数の案件を一気に動かし続ける体力がいる。

 

その案件を推進するにあたり、その1つ1つの案件ごとに、チームが組まれている。

毎回顔なじみのチームメンバーではなく、その案件の難易度や稼働量に合わせて、適材適所なチームアサインがされる。

 

なので、大人数でほぼ初顔合わせなチームもあれば、アットホームな顔見知り少人数チームもある。

かたい人ばかりのチームもあれば、柔らかい雰囲気のチームもある。

 

チームによってカラーが違う。

 

5年前くらいだったか。

有名なクリエイターと一緒に仕事をしたことがある。

 

その人は、いつも負けられない競合案件や、社として新しい領域の案件をつぎつぎと開拓する優秀な人だった。


最初の打ち合わせの時に、その人は、初対面だらけのメンバーに、こう言って会議がスタートした。

 

「明るく、楽しく、元気よく、いきましょう!」

 

その一言で、初顔合わせのメンバーは、顔が緩み、柔らかい雰囲気のまま、本音で議論し合うことができた。

次の打ち合わせでも、「明るく、楽しく、元気よく、いきましょう!」を最初の号令に、いつも活発な議論ができた。

 

「明るく」とは、自分でできること。

でも、「楽しく」は、メンバー間とつくるもの。

さらに、「元気よく」は、メンバー間で、活発な状態をいう。

 

ひとり一人がポジティブに頑張ることで、明るく、楽しく、元気よく、が実現することになる。

 

未熟だったころに、この言葉の強さを刷り込まれたこともあって、いまも打ち合わせの前に、心の中で「明るく、楽しく、元気よく」とつぶやいてから始めるようにしている。

 

周りが発言しやすくなる、魔法のコトバ。

打ち合わせの雰囲気を作る最初のコトバは、とても大事だ。

関連記事

  1. ジョエルとニコール3日前に出産
  2. こびとづかん
  3. 980円でできること
  4. デジタルでの1to1ブランド体験の挑戦
  5. チャプター27
  6. Blogの移行
  7. Deconstruction|あたらしい服を、さがそう。
  8. KING

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP