advertising

何が必要かわからない「雲掴み案件」

年齢を重ねたせいか、DX!DX!と世の中がDX祭りになっているからなのか、「雲を掴むような案件」がここ数年多い。

個人的に、「雲掴み案件」と呼んでるんだけど。

 

これまでにないビジネスを作りたい。

コロナを踏まえた、新しいサービスを作りたい。

あのクライアントのDX領域を攻めたい。

 

それはいいのだが、どこから手をつければいいのか、何をしたらいいのか頭を悩ます相談が多い。

 

「営業が、何を言っているのかわからない」

「クライアントから、何が求められているかわからない」

「求められているものが明確でないので、何を書けばいいのかわからない」

 

ふわっとしているけど、何かを出さないといけないという状況が頻繁に発生する。

というか、最近そればっかりだ。

 

こういう「雲掴み案件」って、目一方強いプランナーと、苦手で筆がとまるプランナーにわかれる。

経験を積んだ年上のプランナーは相対的に強いものの、同じ領域で専門スキルを研ぎ澄ましてきたプランナーは、年次に関わらず苦手意識がありそうだ。

 

これは、数学じゃないんだけど、解法のストックがいかに多いかで決まる気がする。

しかも、この解法は、よくあるマーケティングの定石/解法ではなく、デジタルやらマーケティングテクノロジーやら、最新情報を踏まえた上での解法の多さ。

 

つまり、相手が1か2くらいしか情報を提供しない中で、10を想像できる、妄想力、想像力が必要になり、その拠り所に、解法のストックがモノをいう。

 

(あ~、あの業務のアウトプットのようなことを、いま求められているなぁ)

(はいはい、あのクライアントで提案したようなスキームが欲しいのかな)

 

という、少ないパズルのピースで、求められる全体像を「如何に早く、正確に」導くかの力が問われる。

 

これ、伸ばすのは簡単で、毎日、解法をシャワーのように浴び続けて、ひたすらストックを増やす。

ただ、それだけ。

 

会社内のナレッジシェアを上手く活用して、どん欲に、積極的に、最新情報を摂取しにいく。

バクバクと情報を食べ続けていくと、だんだん、見えてくるものがある。

 

新聞を読んだことがない人が、最初ちんぷんかんぷんだったけど、だんだん見える瞬間がくる、あの感じ。

 

このスキルは、社内外含めた対話でも大きな威力を発揮する。

少ない情報で、相手が求めることを早く、正確に捉えることができるので、無駄な会話も減るし、短い時間で芯を食った議論に繋がる。

 

対話の先読み力にも影響。

 

ビジネスアスリートじゃないんだけど、毎日コツコツやり続けるやつが勝つ時代。

関連記事

  1. フリマアプリの普及による、売ること前提コスメ
  2. 流通のマイクロマーケットを狙う動き
  3. 課題設定で差がつく
  4. 広告会社 中堅社員の17年振り返り
  5. 広告会社だって裏切られると傷つくよ
  6. BOTANISTのフラッグシップショップ「BOTANIST To…
  7. デジタルシフトがもたらす競合案件の変化
  8. データがないなら人力でアナログ情報をデジタル情報に変換せよ

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP