advertising

自分の言葉で話す。というか、しゃべる。

今年のワールドカップ、ドラマのような展開をみせたが、日本敗退、沢山の夢を見れた。

 

選手の活躍とともに、ケイスケホンダの解説、話題になった。

 

なんで民放で解説やらないの?と言われるほど、人気。

 

一試合みただけで、他の解説者と違うとわかる。

 

視聴者の気持ちを、そのまんま代弁してる。

 

解説者特有のきれいな言葉は一つもないけど、どの解説者よりもわかりやすい。

 

これって、自分の言葉で話しているっていうことが大きいのでは。

 

放送のために準備したきれいな言葉よりも、普段使っている、いわゆる偏差値の低い口語の方が、生活者は共鳴しやすい。

 

仕事の場でのプレゼンも同じような気がするんだよな。

 

プランナーの数だけ、プレゼンの話法の数はある。

 

プレゼンが上手な人は、自分の言葉で話している感がある。

 

プレゼンとなると練習しすぎてスピーチになる人いるけど、会話・対話に落とし込んでいくのが大事では。

 

昔、先輩に、「おまえ、パソコンみて、プレゼンすんな」と言われたこと、今でも覚えてる。

 

パソコンを見ると、書いてある資料をそのまま読んでしまう。

 

プレゼンすんだから、書いてないことを読めと。

 

会話しに行くために資料を使うとか、しゃべりにいく、くらいの感覚で説明するのが大事なんやろな。

関連記事

  1. ドク論
  2. 憑依するチカラ
  3. ヒルトンホテル
  4. 大阪 送別会
  5. コンテンツの開放が起こす勢い
  6. 話題になれば商品は売れるってホント?
  7. TeXで心折れる
  8. 980円でできること

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP