Business

性善説で成り立つ無人販売所

餃子にラーメンにパンにハンバーグ。

 

無人販売所、増えてるなぁ。

 

タピオカや高級食パン並みの、ブームというか、拡がりを感じる。

 

Amazon go並みの、デジタル店舗じゃなくても、監視カメラと、支払い用のセルフレジがあれば成立するから、多くのビジネスマンが参入しており、副業の人も増えてる。

 

無人なので人件費も不要だし、数坪の狭小店舗でも成立するので、コスパが良いのだろう。

 

性善説が成立しやすいと思われがちな日本でも、無人販売所の窃盗は増えてて問題になってるけど、うまい人は、その窃盗もうまくビジネスに転換してる。

 

窃盗があったら、監視カメラの映像をテレビ局に持ち込み、報道番組で流してもらう。

 

そうすると、その無人販売所の名前や製品がニュースで全国に流れ、認知が増える。

 

どのアクシデントもビジネスに転換する発想、大事。

 

まだ、しばらくこのコロナ禍は続くし、イエナカの充実や、リアル店舗での体験よりも非接触なサービスの拡充も進むから、無人販売所も増えるのだろう。

 

現状は、フード系が多いけど、シューズや服、コスメ、日用品なども増えるのかな。

 

アパレル系は、店舗には最低限の品数や生地を並べといて、サイネージで色を変えて表示させ、購入後は自宅に配送するなど、狭い店舗を生かした無人販売所も増えてくるのか。

 

はたまた、狭小店舗を束ねた、無人販売所だけの百貨店みたいな業態もできてくるのか。

 

まだ広がる可能性ありそう。

関連記事

  1. 心理的安全性を高める合言葉
  2. HTMLの書籍を2冊購入
  3. 中価格帯ブランドの苦戦
  4. 新型コロナで、それ本当に必要なんだっけ意識が高まる
  5. サービスではなく、モノでのサブスクは失敗する
  6. 生活に密接に繋がる購買行動のファネルには「自己納得」が必要
  7. MERYユーザーは何処へ行ってしまったのか
  8. 広告会社も参入 インダストリー4.0

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP