Branding

令和No.1キャバ嬢・ひめか・尊敬

TikTokって、レコメンドエンジンが優秀だから、好きなものが次々と向こうから集まってくるし、ちょうどよいセレンディピティで新しい興味ごともみつかる。

 

だからか知らんけど、「令和No.1キャバ嬢・ひめか」の動画がよく出てくるw。

 

18歳でキャバクラ入店。

 

数か月でNo.1。

 

関西コレクション、ガールズアワードへの出演。

 

女性誌メディアNET ViViでの連載。

 

男性だけでなく、女性にも人気。

 

いま、一番輝いてる時期。

 

お酒が飲めない年齢で入店したからこそ、飲まなくて稼ぐ新しいスタイルを確立。

 

豪華なタワー、カラフルなソウメイが並んだアタッシュケースで、毎度圧巻。

 

お酒が並んだ写真や動画の数々、TikTokやインスタ映えがハンパない。

 

ホスト界の帝王ローランドも、一切お酒を飲まずに接客してNo.1になっている。

 

先人のホスト/キャバクラのように、お酒を飲んで稼ぐということは最初から狙わず、新しいポジションを作ることが大事ね。

 

「ひめにしかない武器」を自覚し、自分が持つ可能性を信じる。とインタビューで言っていた。

 

普段の業務で、担当するブランドの強みとか考えるけど、意外と、自分自身の強みって、あまり考えないんだよなぁ。

 

若いうちにそれに気づき、そこにベットする勇気、なかなかできんよね、尊敬。

関連記事

  1. ホワイトバンド
  2. 日本でのD2Cブランドの難しさ
  3. コンセプトメイキングだけではなくシナリオメイキングまで必要
  4. ダテ眼鏡
  5. 広告で要潤(かなめじゅん)がイジられまくっている
  6. 毎回毎回、プロジェクトが終わるたびに自分PDCAを回しているか
  7. 内定取消が増えている
  8. Instagram人気に伴う周辺ビジネスの拡大

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP