communication

大人になると、友達が減る

最近、SNSでみて、猛烈に共感した言葉。

 

ひとり旅芸人。

 

「スケジュールと予算と価値観の合う友達ってほぼいなくない?」

 

そう。

 

年齢が上がると、スケジュールは合わない、予算・価値観が合わないのは当たり前。

 

自分が入社早々に結婚したのもあるけど、友達という存在、いまでは、ほんとナニコレ状態。

 

入社当時は、みんな同じ給料、同じライフステージだから、あんま友達という概念自体考えたことなかった。

 

だんだん、周りも結婚し、子どもが生まれ、家を買い、車を買い、私立小学・中学に進学したり、離婚したり、転職したり、起業したり。

 

同年代でも、ライフステージが一周も二周も変わってくる年代。

 

気づけば、自分は入社十数年。

 

会社で、誰かが「僕、友達少ないですww」と発した言葉に、

 

「いやいや、、おれ、友達少ないどころか、まったくおらんよ・・」と返してた。

 

同じ会社の仲のいい同僚はいるけど、LINEでプライベートすべてを会話するほどの友達じゃないし。まぁ、それは、同僚ということなんだろう。

 

大学の同期とは、数年や十数年に一度、たまーに飲むけど、それ、友達といっていいのかと。

 

年取ると、スケジュールと予算と価値観の合う友達って、いなくなるよね・・。

関連記事

  1. センター試験間近
  2. 中国のミレニアル世代(80后と90后)の意識・価値観
  3. ファネルのとおり、生活者って商品を買ってますか?
  4. 何が必要かわからない「雲掴み案件」
  5. フリーター、家を買う。
  6. 前作から結構早め?
  7. 広告とジェンダーレス
  8. 文献リスト作成がなかなか進まない

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP