Idea Clip

Information

This article was written on 17 1月 2013, and is filled under Company, ひとりごと.

タグ

Amazon

Google

進むべき方向とポジショニング

社会人になって何度も何度も考えることは

進むべき方向とポジショニングについてだ。

susumu

入社前に、
「俺はこんなことをしてやるんだ!」とか
「業界を変えるビジネスアイデアを実現させてやる!」

ふがっ!と鼻息荒く考えている人も(自分もそうだが)

会社の中に入るといつしかトゲもなくなり、牙が抜け落ちたように周りと同じようになっていく。

出る杭は打たれる なのか、”普通が一番”な考えの日本人だからなのか、気付いたら周りと同一化してしまう。

それじゃ駄目だ!と常に意識しているのは
冒頭に上げた、進むべき方向とポジショニング。

10年後どうなっていたいか

その前の5年後どうなっていると良いのか

また、そのために来年はどうなっていないといけないか

と就職活動中はたくさん考えたことを、社会人になるとつい忘れてしまうので、今自分はどこに進んでいるのかを思い出すようにしている。

広告業界は、かなりシビアな状況に置かれており、いつまでも今の環境があるとは思えない。

いや、絶対に同じ環境はない。

物が売れない時代、一番最初に削減されるのは広告費であり、日本の広告市場はどんどんシュリンクしている。

また、SNSの普及やスマホの普及、デジタルコミュニケーションへのシフトなど、環境が毎年変わり続けている。

常に新しいことを取り入れ、時代についていくことも大切だし、広告会社であるため、更に先回りして新しいことを作って行くことも大切。

どの先輩のようになりたいか、とても悩む。

贅沢を言えば、尊敬する先輩のすべてを取り入れた、万能選手、オールラウンダーになりたいと思うが、そんなのんびりした時間があるわけではないので、

今後業界がどうなっていくのか、どんなスキルが望まれるのかを考え
背中を見て行く先輩を選択する必要がある。

なりたい先輩の後ろ姿だけみているのも良くない。

会社の中で、どのポジションが空いているか、という視点もいる。

自分と同じようなポジションの人間が多ければ、社内で声がかかる数も減るし、それは自分の存在価値がなくなることを意味する。

なりたい先輩の後ろ姿をみつつ、今後業界として・会社として望まれるポジションを新たに作っていくことを目指す。

仕事でPDCA、PDCAばかり言っているが

一番必要なのは自分のPDCAだ。

「考え続けることが答えだ」という言葉が好きだ。

はい!これでOK!といった問題は社会人になるとないので

いつまでも考え続けることが、自分には必要なことだと思う。

コメントを残す