advertising

大ヒットしたドラマでも、視聴率は9.3%

毎週楽しみにしていた木10ドラマ、silentが終わった。

 

TVerの見逃し配信が、フジテレビ全番組で歴代最高の531万回再生。

 

視聴率は9.3%。

 

もう、ここまで視聴率って落ちてたのか。さみしい。

 

にしても、silentがなんでこんなにヒットできたかは、いろいろな記事で考察されているけど、個人的に刺さったのは3つ。

 

余白が多い

 

全体的に無駄なセリフが少なく、ドラマ内の絵も時間も余白が多く、視聴しながら、出演者の気持ちを考えさせられる。

 

ながら見ができない

 

手話でストーリーが進むから、集中してドラマを見続けないといけない。

 

他のドラマ以上に、しっかりとドラマを見続けるため、一話一話の没入感が非常に高い。

 

三人称で語る

 

普通なら、ドラマ終了後のスピンオフになるような、脇役のストーリーが本筋で語られ、なぜ主人公が傷つけられたのか、なぜあんなセリフを発したのかがわかり、その都度、感情移入してしまい、それぞれの視点で泣かされる。

 

もう、毎話ごと、泣いた。

 

このドラマ、作り方が丁寧。

 

音楽が最高。

 

久々に、泣くために観るコンテンツっていいなと思った。

関連記事

  1. ラウリル
  2. PRの効果を最大限に高める「8×3」の法則とは
  3. ケータイマグ
  4. やすっ!
  5. ブームにならないで売れ続ける難しさ
  6. イノベーションを起こしたいなら、しくみから変える
  7. エリア別に細かい設計 ご当地プロモーション
  8. 第三次メタバースブームを広告会社のプランナーはどうみているか

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
ストプラ・デジタル

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

最新記事

PAGE TOP