ひとりごと

  1. 広告会社の仕事は情熱がすべて

    見城徹、堀江貴文など大物著者を落とし、ヒットを連発する幻冬舎若手編集者の箕輪厚介さん、最近メディアに露出したりと勢いあるなーと思っていた。そもそも幻冬舎には見城徹社長自身が猛烈に熱い人で、石原慎太郎や村上龍など、次々と大物著者を落と…

  2. 成功した者は皆すべからく努力している

    学生の頃、とくに就活が近づく時期に自己啓発本をたくさん読んだ。でも、ここ最近そういう類の書籍…

  3. 広告会社の営業センスの良さとは何か

    広告会社は基本プレゼンテーションする側にいるため、提案される側を経験しないと営業の良し悪しはわからな…

  4. 人は飽きる そして原点回帰する生き物だ

    人ってつくづく『飽きる生き物』だなぁと思う。ソーシャルの動向を見ていても…

  5. 人のいない列に並ぶ

    2016年のベストムービーは間違いなく「君の名は。」だ。現時点で、国内で興収210億円、タイ…

  6. マスプロダクトをあえて選ばない、アンチマス Anti-massなモノの選び方

  7. 承認欲求世代の若者

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP