Branding

  1. 何かを応援するブランドコミュニケーション

    ブランディングするにあたって「何かを応援している」というポジションを取り、コミュニケーションすることはとても多い。その「何か」とは、「社会的弱者」だったり、LGBTといったまだ理解が浸透できていない「マイノリティー」だったり、夢に向かって「努力している人」だったりする。

  2. CMで正統派タレントとお笑い芸人を組み合わせるワケ

    テレビCMで、正統派タレントとお笑い芸人の組み合わせはよく使われる。この組み合わせを作っておくと、デジタル上でのPRとしての露出の切り口も作りやすい。そして、この組み合わせはどの業種でも利用されている。

  3. 携帯キャリアCMは複数タレントの道へ

    ソフトバンクが10周年を迎え、これまでブランドを支えた白戸家に、古田新太、竹内涼真、杉咲花の3名が加わった。ソフトバンクだけでなく、ほとんどの携帯キャリアが複数タレント化の道をたどっている。

  4. リニューアルしたキリン新・一番搾りが好調な理由

    7月にリニューアルしたキリンビールの一番搾り。夏から秋にかけて好調のニュースが至る所で出てい…

  5. ビューティ系商材における、デジタルとマスを活用した大手の逆襲

    ここ2、3年のビューティ系商材の戦い方が、マスからInstagramとBumper、OOHのスリーセ…

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP