市場は振り子 揺り戻しを繰り返す

Twitterで、インド映画の「バーフバリ」が絶賛されている。この映画を見て思ったのが市場の揺り戻しだなと。広告業界にいると、カテゴリにもよるが、揺り戻しは3-5年単位の周期でやってくる。関東大震災後、いろいろなものがリセットされ、家族との時間を過ごす人間回帰、着飾らないノームコア、素肌感を重視するメイクレス、横並びが心地よい平均点世代など。そのあと、徐々に揺り戻しが起きている。

ブームにならないで売れ続ける難しさ

天才編集者 箕輪厚介の熱量

Deconstruction|ひらけ、自分。

Brand Design|OPERA

お笑いも広告も、成功する法則は一緒

スモールマス時代に効果的なSTST視点のプランニング

コンセプトメイキングだけではなくシナリオメイキングまで必要

総合系広告会社のプランニングがうまくいっていないという広告主側の批判の声を最近よく聞く。対応策は様々だが、広告主側の不満が出てきているのは広告会社にとって大きな問題だ。大きな要因は、総合系広告会社がテレビ主体のビジネスモデルだったこと。

美容垢がPRに染まることは裏切り行為 炎上に繋がった化粧品プロモーション

18年にくる5つの消費スタイル

広告会社のデータサイエンティスト部門とストラテジックプランニング部署の融合には課題が多い

リニューアルしたキリン新・一番搾りが好調な理由

サイジングを制する者は、市場を制す

サイジング領域がいまアツい。AISCSは、昨月、スマホで足を撮影するとサイズを計測できるアプリMOBILE FOOT IDの配信を日本と米国で始めた。また、ZOZOは昨年かなりネットを賑わせたセンシングツールを無償提供し始めた。ZOZOSUITは、身体上下を瞬時に採寸し、そのデータがデータベースへと蓄積される。

サブスクリプションボックス人気の背景にあるセレンディピテ…

企画書の書き方をどうマスターするか

フォトジェニックの次はムービージェニック?

女性こうあるべき論広告は必ず炎上する

ピックアップ記事

注目記事

#豊富2018

2018年の仕事における抱負について。2017年の自分の課題から、5つほど設定してみる。「業務高密度化」「多汗力」「日別の自分PDCA」「武器拡張」「Blog継続運用」かなと。最後に、一個統合したテーマを持つとしたら「勇猛無比」か。

Deconstruction

Brand Design

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP