advertising

モチベーションを引き上げる

自身のモチベーションを保つことも大変なのに、周りの人のモチベーションを引き上げることって難しい。

某先輩は昔から「モチベーション」という言葉をよく使う。

 

「後輩のメンバーアサイン時に、モチベーションを高めた形で依頼してみてください」とか「うまく後輩の資料を活かしてモチベーションを下げないようにしてみてください」と、言っているのをよく耳にする。

自分も良く言われるし、確かにそうだよなと。

 

周りのモチベーションを引き上げる研修なんてないし、学ぶ機会はない。

こうやって言ってもらえないと、意外と意識しない。

 

周りのメンバーのモチベーションを引き上げることができれば、集団プレーで動く広告会社にとって、とても強い力にそれは変わる。

 

「早く資料を作れよ!」とか言っちゃうと、パワハラでアウトだけど、「君って、本当に資料作るの早いよね」と置き換えて伝えると、本当に早く仕上げてくることもたびたび。

 

よくよく考えると、行きつく先は自分ごと化なんだろうなと。

 

すっごい頑張って資料作って、結局自分がプレゼンターでないと分かった瞬間、これまでのモチベーションの2-3割にトーンダウンしたことがあり、自分が説明しないのに、一番資料作っている自分ってなんだ、とか、これプレゼンする人が考えて書けばよくね?と思ってしまって投げやりになってしまったことがある。

 

作った資料は、作った人が話す、ということは結構大事。

 

また、こまめに周りにフィードバックすることも大事。

 

「あの説明とてもわかりやすかったです」「資料めちゃわかりやすかったよ」とか。

自分が作ったものが、誰かが見てくれており、きちんと評価されることで、自分の頑張りが報われる。

 

たまに、周りからの影響関係なく、一人でひたすらモチベーション上げまくる変態系プランナーもいるんだけど、それは例外だから置いとけばいいか。

 

あと、逆にモチベーション下げるタイプの人もいる。

 

以前仕事した人でいたんだけど、何を話しても「いや」とか「というか」など否定ばっかりする奴

だんだん会話したくなくなるし、こちらからの有益な情報も出したくなくなる。

 

社会人になったらいろんな人いること理解しているけど、こんなに、なんでもかんでも会話で否定から入る人いるんだなーと思ったくらい。

そういう奴は周りから人が減って、自分に返ってくるよ。

 

周りのモチベーションを引き上げるには、とか考える年になりました、私。

関連記事

  1. モテるとは何ぞや
  2. もう3月
  3. アツイ コトバ
  4. 予想外
  5. どれだけどしゃぶりの雨が降っても、求められるまで傘を差しださない…
  6. 女王の教室
  7. 前作から結構早め?
  8. 飲食業もデジタルトランスフォーメーション

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP