advertising

ビジネスがうまくいかなくなった時の原点回帰

企業にチャレンジはつきものだが、それと引き換えに、蓄積してきたブランドアセットを壊してしまい、原点回帰をとる企業は多い。

 

だからこそブランドパーパスが昨今話題になっており、広告会社にもブランドパーパスの設定についての相談が増えている。

 

原点回帰する企業に多いのが、3つの要因。

 

 

本質的価値が伝わっていない

 

生活者に散々伝えてきたから、もう伝わっていると思ったが、意外とまだ伝わってなかったというもの。

 

丸亀製麺が良い例。

 

丸亀製麺の強みは、店内製麺であり、どの店舗でも店員が粉から麺を作り、鮮度の高い麺を提供している。

 

丸亀製麺のファンには当たり前のことかもしれないが、まだ行ったことのない生活者にとっては、他のうどん屋との違いが実は伝わっていなかった。

 

ここ1-2年のコミュニケーションでは、改めて店内製麺という独自の強みを活かして訴求している。

 

 

本質的価値からの接点が少ない

 

よくやりがちなのが、ブランドの弱みを補強し、バランスの良いブランドを作ろうとしてしまうこと。

 

本来、ブランドのファンは、ブランドが持つ強みに惹かれて使い続けているが、弱みを補強することに注力したことで、既存のファンが離れてしまうことだ。

 

ケンタッキーが良い例。

 

ケンタッキーは6年前、新客獲得のために、強みであるチキンは使わず、ハンバーグやサーモンを使ったメニューを次々と開発。

 

最初は目新しさに顧客が飛びついたが、数か月で顧客は離れ、既存の顧客までも減少してしまった。

 

背景に、ケンタッキーの売り場と開発担当の意思のズレが発生。

 

売れない商品を売るなという声と、ガンガン売ってくれという声で社内は混乱。

 

普段売っているチキンのオペレーションが煩雑になり、チキンの味が落ちたと生活者からのクレームが増えてしまったのもこの時期。

 

強みの鶏との接点がより強い商品やサービスを開発すべきだった。

 

 

最後が、

生活者の価値感の変化に伴い インサイトを捉え違うこと

 

多いのがこのインサイトの捉え違えではないか。

 

生活者をしっかり見ているが、表面的なものや社会変化に目がいき、捉えるべきではないインサイトを注視してしまうためではないか。

 

LEGOが良い例。

 

子どもたちの取り巻く環境が変化し、テレビやゲーム、スマホ、アウトドアなど遊ぶものが多岐にわたり、それに対応しようと、LEGOは、テレビゲームや、テレビ番組、テーマパークなど、玩具以外の様々なエンタメ事業に注力したが、結果大幅赤字。

 

そもそもLEGOは、子どもの成長を助けることが、存在意義であると気づき、ブロック玩具の商品開発に改めて注力することでV字回復。

 

 

企業のチャレンジは大切。

 

失敗したときに、原点回帰すればよい。

 

ただ、間違ったときにすぐに原点回帰すべき場所がないのは問題なので、改めてブランドパーパスの設計が必要なんだろうな。

関連記事

  1. セレブの嗜好ログリストが欲しい
  2. Deconstruction|ひらけ、自分。
  3. ビューティ系商材における、デジタルとマスを活用した大手の逆襲
  4. コンセプトメイキングだけではなくシナリオメイキングまで必要
  5. 飲食業もデジタルトランスフォーメーション
  6. 天才編集者 箕輪厚介の熱量
  7. KING
  8. 0.5秒が勝負 直感買いが進む若者

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP