advertising

広告で要潤(かなめじゅん)がイジられまくっている

タレントを起用した広告は、事務所によってはチェックが厳しく、撮影でいい絵が撮れた!と思っても、「こういう表情、事務所NGなんで」という指摘で使える絵が減っていくことも度々。

事務所だけでなく、力のあるタレントは、「看板に使われるのは嫌」「こんなキャラクターありえない!」と厳しい意見をいただくこともあり、交渉も難しいところ。

 

でも、要潤の広告ってビックリするくらい自由度高くないかと。

そこらの芸人以上に使い勝手フリーすぎる

 

もともとカッコいいトーンだったうどん県も今ではこんな表現なっているし。

 

からだ下半分、馬になってポスターで貼られている。。

 

 

香川県で立て看板になっているし。

こんなんドアに立っていたら怖すぎ。

 

 

最近、電車に乗っていて目を疑ったのは、要潤の顔が大量に出たポスター。

事務所も要潤もよくOKしたなと。

夢に出そう。。

 

 

WEB動画では、顔だけじゃなく、分身してる。

商品が全然頭に入ってこない。

 

 

電車広告も、不気味というか、絶対笑い取りに来ている。

 

 

この格好もおかしいんだけど、他のに比べると普通に見えるのはなぜなのか。

 

 

漫画で使われたり、やりたい放題。

 

 

カップヌードルの広告では、顔を子どもたちが滑っている。。

逆になんで怒られなかったのか。。

 

 

タレントの契約費って数百万円から数千万円するので、本当に使いどころ考えるのだが、この使い方を判断する担当者もすごいし、この使われ方で独自のポジションを築くタレントもすごい。

関連記事

  1. TVCMの効果測定プレーヤーの増加と、進むデジタル広告の配信整備…
  2. リスクを楽しむブラインドショッピング
  3. スモールマス、トライブを狙うか、束ねてミドルマスを狙うか
  4. Deconstruction|U時間
  5. リテールマーケティングの重要性
  6. Photoshop & Illustrator応用編
  7. お笑いも広告も、成功する法則は一緒
  8. バス停前のサッカー

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP