Brand Design

Brand Design|OPERA

※どのような戦略でブランドを設計したかを推察するトレーニングです
※下記は、個人的な推察のため正しいかは不明です

□ブランド
・OPERA
・https://www.opera-net.jp/

■ブランド理念(哲学、ビジョン、メッセージ)
・it Lady

■アウトプットメッセージ(ボディコピー)
・ちゃんと’キレイな大人’でいたい
 だけど、カンペキなんて可愛くないし、がんばりすぎも、気分じゃない。
 オトナっぽさも、可愛さも、おしゃれさも無理なく、ほどよく、いろんな魅力を
 ’ちょうどイイ感じ’に取り入れたい…そんな’賢い欲ばりlady’たちへ。
 パパっと使えば、ピタリと決まるオペラのリップメイクアイテムで
 いろんな魅力を、さりげなく身にまとって
 何気ないのに、目を惹いてしまう今をときめくit Ladyなくちびるに。

■ストーリー(背景)
・背伸びせず、自分らしくいられるリップメイクアイテムがあったら。
 そして、毎日のリップメイクをもっと楽しめたら…そんな想いをもとに開発

■ビジュアルアイコン(色、形)
・モテ質感を感じるビビッドピンク
・顔色がパッと輝くあざやかな発色
・濃く感じさせない透け感とさりげないツヤ感

■パーソナリティ(振る舞い)
・洗練された女性のモテ感
・唇から幸福感漂う
・恋、モテ、キレイなど女の子がトキメク瞬間を与えてくれる

■企業貢献(ブランドの意味)
・手ごろな価格で、いまよりもっと手軽にメイクが楽しめる
・韓国で人気のティントリップが安心の国産ブランドで手に入る

■ドメイン(狙う市場)
・韓国コスメを好んで購入する層
・コスメを買いに韓国に旅行にいく層

■戦略ターゲット(顧客)
・流行には敏感であれこれちょっとずつ楽しみたい10-20代前半女性

■イメージタレント(ミューズ)
・なし
・#恋するくちびるのインタビューで、林田岬優さん、青柳文子さん、武居詩織さん、野尻美穂さんを起用

■生活者インサイト(価値観、心が動くスイッチ)
・自然体でカラーチョイスなど自分らしさを大切にしている
・自分に正直で誠実、そして好きな気持ちを素直に持ち続ける
・生き方に自信を持つかっこいい女性になりたい

■カテゴリインサイト(カテゴリの捉え方、選択基準)
・その日の気分をリップで表現
・一つひとつの商品に、女らしさ、可愛さ、流行感を妥協したくない

■ブランド体系(商品ポートフォリオ)
・グロス、ティント
・発色の良いカラーを複数種保有

■ポジショニング(差別化、USP)
・口紅で最旬、ど真ん中
・大人のモテを恥ずかしがらずに前面に出す

■機能的価値(理性評価)
・速攻完成スムースコスメ
・濃すぎないちょうどいいバランスで完成
・どの色も肌馴染みよく顔色を明るくする

■情緒的価値(完成評価)
・流行に乗っている
・手ごろなのもあり、その日その時の気分によって自分を表現できる

■ブランド体験設計(メディア)
・@cosme2017年上半期新作大賞
・@cosme2017年上半期口紅第1位
・@cosme2017年上半期新作リップグロスベストコスメアワード

人気のOPERA。
モテ質感リップ。
最近”モテ”という言葉が市民権を得たように感じる。
モテを意識していることを、人に知られるのが恥ずかしかった時代から、
今ではモテることは良いこと、私はモテたいと隠さないようになってきた。
そのど真ん中を突いた商品がOPERAなのかもしれない。

関連記事

  1. 課題設定で差がつく
  2. コスメトレンド 5つの潮流
  3. よなよなエールのスモールマス戦略
  4. 広告っぽくない伝え方 進化するプロダクトプレイスメント
  5. CMで正統派タレントとお笑い芸人を組み合わせるワケ
  6. 共感のために、リアリティと低クオリティのはざま表現
  7. 史上最年少 女性ビリオネアのカイリー・ジェンナーのマーケティング…
  8. Brand Design|CHAMBER OF CRAFTERS…

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP