advertising

エリア別に細かい設計 ご当地プロモーション

流通対策として、エリア別のプロモーションは有効だ。

このエリアの人だけに向けたコミュニケーションをするので、来店者数は増えそうだしアテンションも取れそう、そのため棚取りができないか、という営業支援に繋がる。

 

生活者から見ても、地元の方言でメッセージが書かれていたり、観光地が使われていると目をひくことがある。

自分ごと化しやすいというメリットもある。

 

エリア別の施策は、大きなコンセプトでプロモーションを括りつつ、一つひとつエリアごとにプロモーションをカスタマイズするのでめちゃめちゃ大変。

撮影の時は全国色々な所に出張できるので最高に幸せなのだが、その前の作業である設計から交渉は、作業が膨大すぎてだいたい倒れる。

 

エリア別のプロモーションは各社色々実施しているが、およそ3パターンに分けられる。

「食べ物」「ゆるキャラ」「観光地」だ。

 

#食べ物

 

アタックとWalker+「とびはねグルメ 食べたくなったらシェアキャンペーン」

ご当地フード自体がひきのあるコンテンツであり、その時にとびはねそうな食べ物や商品への結び付けがうまい。

出版社と組むというのは、雑誌への掲載もできるので新客へのアプローチが可能だ。

 

リッツ「日本を、のせてみよー。」

ご当地食材を使ったリッツに合うメニューを提案。

どんな食材にも合うよ、ということをプロモーションを通じて伝えている。

 

パナソニック「47都道府県 至高の一膳プロジェクト」

米の個性を引き出す炊飯器と、ご当地のお米とかけ合わせたプロモーション。

おかずを絡めたプロモーションは多いが、お米は確かにこれまであまり見かけなかった。

 

 

#ゆるキャラ

 

パナソニック「日本全国 PRIVATE VIERA SHOW!」

CMが94種とか、もう猟奇的。

ゆるキャラをつかった一県ずつの交渉や調整、いったいどれくらい準備にかかったのか想像するだけでも凄い。

 

十六茶「イキイキ!JAPAN」

ゆるキャラを一堂に会したCMや、ゆるキャラに会えるプロモーションを実施。

観光地の添乗員のようなガッキーが可愛く爽やかに踊る。

 

 

#観光地

 

サントリー「ご当地 ちょっとイイトコ自慢大募集!!」

観光地と共にサントリーの商品を投稿するプロモーション。

いつでもどんなところでもサントリー商品は合いますよ、ということを伝えるためだろう。

 

ONE PIECE「3億冊突破記念キャンペーン ニッポン縦断!OPJ47クルーズ」

47都道府県の新聞広告に47人のワンピースのキャラが登場。

これはコレクターにとってはかなりヨダレもので、観光地とのコラボも地元民には嬉しいコンテンツだ。

関連記事

  1. ColorSelector
  2. 人気アーティストのヒット戦略は広告キャンペーンの設計と同じだ
  3. ビジュアルディスカバリーが生む活字偏差値の二分化
  4. ソーシャルメディアでは本音を語らない
  5. マスから急激なデジタルシフトで陥る無風の施策結果
  6. Logo作成サイト
  7. Deconstruction|あたらしい服を、さがそう。
  8. データヘルスケアの発展に伴い、ライフログアナリストの登場

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP