Twitter

Twitterの位置情報を利用

まちツイを利用するとフォロワー&フォロー・ユーザーの全国分布(26都道府県)を
マップにプロットしてくれる。

フレンドに会社の人が多いので、東京、大阪が殆ど。
九州や北海道も点滅している。誰だろ。

フォロワー&フォロー・ユーザーの首都圏分布もみることができる。
東京だと区レベルまでみれるが、東京以外のエリアもみてみたい。

エスエス製薬のTwitter上に広がる風邪に関する情報を自動で収集して、
未来の風邪話題度を予測するWebサイト「カゼミル+」は
Twitterの位置情報を利用したわかりやすい事例。

東京大学・知の構造化センターから技術提供を受け、
風邪に関係する可能性が高いツイートのみを自動抽出とのこと。

Twitterの位置情報を利用した事例ではないが
観光庁の「日本再発見。TABITTER」は、つぶやき内容から
ユーザーの興味関心の高い観光場所を推薦してくれるサービス。

おすすめの旅行先は「福島県」、関心ワードは「サプライズ」らしい。
旅行会社でも積極的に利用されると面白い仕組みだと思う。

関連記事

  1. Twitterの状態を確認するTwittercounter
  2. Twitterのつぶやきをブログ形式で保存するサービスTwilo…
  3. フォトジェニックの次はムービージェニック?
  4. ツイッターノミクス TwitterNomics|タラ・ハント
  5. buzztterでTwitterのつぶやき推移をみる
  6. Twitterの毎秒毎のつぶやき推移が把握できるtweet co…
  7. mixiでのクチコミを把握する
  8. GoogleでTwitterのつぶやき検索

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP