Insight

四字熟語あだ名で話題の滝沢カレンは優秀なプランナーだ

滝沢カレンで検索すると、サジェストで「四字熟語」が一番上にくる。

 

「腹筋崩壊。滝沢カレンの「四字熟語」が的確且つ面白すぎる」

「滝沢カレンの才能爆発!四字熟語あだ名!」

「【爆笑】ドンピシャ!滝沢カレン四字熟語あだ名www」

 

とか、めっちゃ出てくる。

Twitterでの反応も大体が、「的確すぎ!」「天才」「素晴らしい」と大絶賛。

 

いくつか抜粋。

アンジャッシュ渡部【芸風過多】
KinKi Kids光一【感情不明】
雨上がり宮迫【男前意識】
福士蒼汰【青春役者】
遠藤憲一【存在強烈】
東野幸治【薄情大王】
IKKO【美容怪獣】
東幹久【何故色黒】
嵐 二宮【趣味在宅】
石原良純【小言鉄道】
Hey!Say!JUMP 有岡【案外年上】
オリラジ中田【好物説明】
鶴瓶【快楽名人】
中居【支配抜群】
今田【独身番長】
フジモン【突如顔面】
ブランチで買い物の達人等を担当していた鈴木あきえ【万年笑顔】
ザキヤマ【大声芸人】
ハリセンボン近藤【大幅出演】
嵐 大野【海釣地蔵】
スピードワゴン小沢【親友徳井】
綾瀬はるか【美白無敵】
チュート徳井【変態教祖】
チュート福田【全部普通】
サンシャイン池崎【小声希望】
久本雅美【無駄美人】
くりぃむしちゅー有田【超起爆剤】
嵐 相場【馬鹿脱皮】
嵐 桜井【服装迷走】
嵐 松本【俺松本潤】
関口メンディー【生涯踊子】
歌舞伎 尾上松也【単独行動】
ブルゾンちえみ【激流一年】
永野【一人興奮】
ウッチャン【平和代表】
土田【初代冷徹】
宮川大輔【絶叫一筋】
堺雅人【恵比須顔】
高畑充希【目鼻口近】
明石家さんま【圧倒的口数】
梅沢富美男【本業不明】
桐谷美玲【猫目先輩】
りゅうちぇる【行先何処】
黒柳徹子【早口国宝】
ハライチ澤部【漫才坊主】
出川【職業激痛】
ビビる大木【柄物課長】
カラテカ矢部【激細鉛筆】
ヒロミ【愛妻大工】
陣内智則【再度挑戦】
日テレ徳島えりか【疲労丸見え】
日テレ水卜麻美【肉米肉米】
極楽とんぼ加藤浩次【朝活将軍】
芸能リポーターの井上公造【接触御免】
立浪和義【発砲極悪】
オードリー若林【印象皆無】
フォーリンラブ バービー【崎山同然】
オリラジ藤森【大真面目】
Sexy Zone 中島【二次元君】
ハンバーグ【茶系団子】
普通のパフェ【細長窮屈】
豪勢なパフェ【過剰演出】
甘くて美味いスイーツ【脳内破滅】

ガールズVIPまとめより引用)

 

ほんと天才。

 

個人的には、【俺松本潤】はテレビ見てて爆笑した。

そうそう、松潤ってそういうキャラだよね、と。

 
過去、有吉がやった「あだ名芸」ではあるが、ここまで一人ひとり的確にかつ面白いコトバで言い表すのは天才だ。

もしかしたら、裏側でコピーライターか誰かが四字熟語を作って滝沢カレンに渡しているのかもしれないけど。

 

広告会社のプランニング作業でもこういう”言い当てる力”ってとても大事。

プランナーでは「戦略コトバ」とか「ひとこと化」など言われるし、クリエーティブからすると「コピー力」だ。

 

多くの関係者が関わる広告業界では、関係者全員のベクトルを同じ方向に向かわせるために、ダラダラとした文章ではなく、ひとことに集約して言い当てることはよくやる。

 

ターゲット設定の際も、「身だしなみに余念がない 女子力男子」とか、皆のイメージを統一させる。

あぁ、阪急メンズ館とかで化粧品を毎月買いに行ってて、髭もサロンで脱毛しちゃうくらいの美容感度高めの男子ね、みたいな。

 

コミュニケーションコンセプトも、「手が届く贅沢」みたいな、形でひとことに集約させる。

そうすることで、施策や表現のトンマナ、メディアなども同じ方向を向くことができる。

 

それくらい、ひとことで言い当てるということは、難しいし大事なこと。

 

「物事の洞察力」、それを言い当てる「コトバの具体化力」などがないとできない。

 

女性誌とかだとさらに「提案力」も要素として入れてたりする。

 

「バックと肌は女の名刺です」

「ひと手間美容で きれい抜けがけ!」

 

みたいな、これからはこうなるのだ!という提案性もあるとうまいなと思う。

 

滝沢カレンってバカっぽいけど、そうとう頭が良いのだなとNAVERをみながら思ってしまった。

関連記事

  1. 広告費3倍差もあるクリントンを打ち破ったトランプのコミュニケーシ…
  2. ソーシャルメディアでは本音を語らない
  3. カッコつけることがカッコ悪いイマドキの風潮
  4. 軸を変えればモノは売れる
  5. ミレニアル世代の価値観
  6. 女性こうあるべき論広告は必ず炎上する
  7. 人は飽きる そして原点回帰する生き物だ
  8. 競合に勝つのではなく市場を作れ

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP