communication

DIRT IS GOODのフレーム

ユニリーバがグローバルで展開するメッセージDIRT IS GOOD.

直訳すると、汚れは良いこと。
ニュアンス的には、汚れたっていいじゃん、という感じか。

この「○○したっていいじゃん」の広告フレームは鉄板だ。

 

アタックの「よごそう」は、汚れたっていいじゃん、アタックがあれば汚れた衣服が真っ白になるから大丈夫、というメッセージだ。

オロナインの「知ったつもりにならないでリアルにさわってみたい日本の100」というサイトは、色々なものを触ってリアルな体験をしよう、怪我をしてもオロナインがあるから大丈夫、というメッセージが込められている。

メリットのCM「夏を洗え!」は、家族と今年の夏は思いっきり遊ぼう、思いっきり汗をかこう、メリットで思いっきり洗えるから大丈夫、というメッセージだ。

 

商品の機能をそのまま伝えるのではなく、その機能で支えるシーンをもっと積極的にやろうと、背中を後押しするコミュニケーションフレーム。

関連記事

  1. 中国のミレニアル世代(80后と90后)の意識・価値観
  2. ○○Payなど参入相次ぐ日本のスマホ決済市場で主導権を握るのはど…
  3. 0.5秒が勝負 直感買いが進む若者
  4. 5200万回再生を超えるDA PUMPの新曲U.S.A.大ヒット…
  5. お笑いも広告も、成功する法則は一緒
  6. ポップアップストアやプレイスメントブームに潜む罠
  7. PDCAはもう古い、次はOODAだ
  8. ソーシャルメディアでは本音を語らない

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP