Marketing

生活者の買いたい瞬間(モーメント)をおさえろ

ここ最近、モーメントというキーワードをよく聞く。

一つはソーシャルメディアからだ。

Facebookから出た写真共有アプリFacebook Moments。

LINEから出たソーシャル動画アプリLINE MOMENTS。

Twitterから出たTweetまとめ機能Twitter Moments。

また、日本ではブームが来なかったSnapchatも、投稿したらすぐに消えてしまう元祖Moments系サービスだ。

ソーシャルメディアは、最初、繋がる楽しさ、友人を見つける楽しさ、共有し合う楽しさが続けるモチベーションになるが、人間は慣れる生き物。

徐々に承認されることに疲れてくる。

投稿した内容がどう評価されたか。

反応してくれた友人に何てレスポンスすべきか。

誕生日のあの子のタイムラインに何てメッセージを残そうか。

そう考えているうちに、疲れが出てくる。

疲れてくるからだんだん投稿しなくなる。

見るだけになる。

アクセス回数が減る。

そのため、特定の友人や恋人だけしか入れない少人数制のソーシャルメディアを使い出したり、オープン用プライベート用とアカウントを複数使い分けたり、投稿のハードルを下げることに繋がるすぐに消えるMoments系サービスを使うようになった。

また、Googleも、マイクロモーメントというコトバを使い出している。

1日にスマホをチェックする回数は約150回。

人々が何らかの意図を持ち、モバイルデバイスを手にした瞬間をマイクロモーメントと定義している。

実際、生活者の検索行動が変わりつつあるようだ。

生活者の検索は、何かをしたいという強い気持ちから、顕在的な意志になる前の、ふと気になるといった内容に変化している。

個の時代となる今、何処にでも肌身離さず持ち歩くスマホをベースに、欲しい!、気になる!、知りたい!、買いたい!、など、欲望が駆り立てられる瞬間をおさえる、というマーケティング視点が出てきた。

デモグラやクラスターといった人の塊ではなく、それらの人のモーメントを捕まえる。

朝だったり、電車の中だったり、夜中寝る前だったり。

ふと、欲しくなった、気になった瞬間を逃さないように、横軸で捕まえてアプローチさせる。

縦から横への視点の変化。

2017年は、こうしたMomentsを如何に捕まえるか、というテーマで各社取り組みだすのではないか。

関連記事

  1. ここまで来た!リアルにも侵食するサブスクリプションモデル
  2. 日経MJ17年上期ヒット商品番付から、その年のトレンドを知るため…
  3. スマホ写真のフィルタはメイクと同じ感覚
  4. ポップアップストアやプレイスメントブームに潜む罠
  5. JINSの価値再定義
  6. 夏に売れる商品を冬でも売る
  7. ヒトは金魚より集中力が短くなり、コンテンツ消費速度が上がる
  8. プランナー視点で総合代理店がネット専業に負けている理由を5つ考え…

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP