Branding

絆というテーマ

カロリーメイトの「夢の背中」というCMがとても素敵だ。

久々に、TVで観てCMを気にいり、ネットで調べ、長尺版を見つけ、それを何度も何度も見直した。

それくらい好きだ。

このCMは母親と息子の2人の目線で描かれている。

だから、子どもをもつ世代からすると、二倍理解でき、二倍感動する。

母親の変わらない愛。

受験と言う苦悩に立ち向かう息子を、ぐっとこらえ、後ろから見守る姿。

それは、小さいころに支えてきた愛情と全く変わらない。

息子は、浪人したことの辛さや、成績がうまく上がらないことで、つい物にあたってしまう。

だけど、深夜、母親に苦労をかけていることに気づき、親には迷惑をかけたくない、これではだめだと思いとどまる。

受験の辛さに途中でくじけそうになっても、母のことを思い出して、軌道修正する。

これはお互いの愛情を、お互いの年齢や視点で描いたCMであり、その道を通ってきた人からするととても共感できる。

親子の絆は、年齢を重ねようと全く変わらない。

見た目、距離感は変われど、お互いのことを思いやる気持ちは普遍なのだ。

まちがいなく、このCMでカロリーメイトを僕は好きになった。

カロリーメイトのCMは基本的に情緒ベネフィットに振り切った表現を続けている。

それを補足するためにWEB動画などで機能広告を行っている。

そもそもこの商品は機能がしっかりしているため、あらためてビタミンが○○、ミネラルが○○といった情報は不要なのだ。

○○を食べたら○○になるという情報ではなく、○○な時○○で悩んでいるあなたを支える、という表現でブランディングを行い、ファンを作っていく。

共感させ、ファンを作り、そのタイミングとなった人が、カロリーメイトを購入する。

この企画を成立させるとき、受験生ではない人、受験生の親でなければ、このCMは意味をなさないのでは、という議論があったかもしれないが、そのターゲットでなくても、その状況を”理解できる人”は心を動かすのだな。

全ての頑張る受験生を支える素敵なブランディングだ。

関連記事

  1. 広告っぽくない伝え方 進化するプロダクトプレイスメント
  2. PRの効果を最大限に高める「8×3」の法則とは
  3. 企業コラボレーションの成功法則
  4. 「欲しい」の本質 人を動かす隠れた心理 「インサイト」の見つけ方…
  5. ビューティ系商材における、デジタルとマスを活用した大手の逆襲
  6. 広告費3倍差もあるクリントンを打ち破ったトランプのコミュニケーシ…
  7. セレブの嗜好ログリストが欲しい
  8. マスプロダクトをあえて選ばない、アンチマス Anti-massな…

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP