Marketing

商品購入の新しい軸作り

img_9407

生活が豊かになり、接するメディアが多様化する中、商品の購入の新しい軸作りは難しい。

第3の◯◯のように、これまでの商品群とは別であるという見せ方もあれば、これからの購入軸はこの機能の有無であると見せるやり方もある。

柔軟剤のレノアは軸作りがうまい。

リニューアルしたレノア本格消臭は、4月の発売時に初月から300万本以上を出荷し品切れが続出。

月間シェアもナンバーワンを達成した。

柔軟剤は機能は勿論だが、日本人は香りで決めることが多い。

日本人好みの香りだったり、海外のホテルの香りなど、店頭にいけばあらゆる香りの種類で溢れかえっている。

そもそも柔軟剤の香りブームを作ったのはP&Gだし、ダウニーがじわじわきてたあたりから、レノアデオドラントビーズなど、香り付けの習慣を植え付けていた。

その資産を持ちつつも、レノアからでたレノアスポーツは結構衝撃的だった。

香りでごまかさない、という自社の資産を否定するスタンスも勇気ある行動だし、◯◯の香り、◯◯の消臭ではなく、スポーツという新軸を作って販売。

部活やサークルで悩むお母さんの気持ちを捕まえて大ヒットに繋がった。

モノの均質化が進む中で、生活者がハッと驚き気づく軸作り、普段の業務でも結構難しかったりする。

関連記事

  1. コンテンツマーケティングに必要な要素
  2. あらゆるビジネスがサブスクリプションになったら
  3. プランナー視点で総合代理店がネット専業に負けている理由を5つ考え…
  4. 軸を変えればモノは売れる
  5. TVCMの効果測定プレーヤーの増加と、進むデジタル広告の配信整備…
  6. ここまで来た!リアルにも侵食するサブスクリプションモデル
  7. 若年層に人気のコスメメディアLIPSと@cosmeを比較してみて…
  8. イノベーションを起こしたいなら、しくみから変える

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP