Marketing

商品購入の新しい軸作り

img_9407

生活が豊かになり、接するメディアが多様化する中、商品の購入の新しい軸作りは難しい。

第3の◯◯のように、これまでの商品群とは別であるという見せ方もあれば、これからの購入軸はこの機能の有無であると見せるやり方もある。

柔軟剤のレノアは軸作りがうまい。

リニューアルしたレノア本格消臭は、4月の発売時に初月から300万本以上を出荷し品切れが続出。

月間シェアもナンバーワンを達成した。

柔軟剤は機能は勿論だが、日本人は香りで決めることが多い。

日本人好みの香りだったり、海外のホテルの香りなど、店頭にいけばあらゆる香りの種類で溢れかえっている。

そもそも柔軟剤の香りブームを作ったのはP&Gだし、ダウニーがじわじわきてたあたりから、レノアデオドラントビーズなど、香り付けの習慣を植え付けていた。

その資産を持ちつつも、レノアからでたレノアスポーツは結構衝撃的だった。

香りでごまかさない、という自社の資産を否定するスタンスも勇気ある行動だし、◯◯の香り、◯◯の消臭ではなく、スポーツという新軸を作って販売。

部活やサークルで悩むお母さんの気持ちを捕まえて大ヒットに繋がった。

モノの均質化が進む中で、生活者がハッと驚き気づく軸作り、普段の業務でも結構難しかったりする。

関連記事

  1. デジタルでの1to1ブランド体験の挑戦
  2. AIは広告会社にとって敵か
  3. ロークラス マーケティング
  4. ヒトは金魚より集中力が短くなり、コンテンツ消費速度が上がる
  5. 増えてきたパーソナライズ シャンプー
  6. 炎上した日大アメフト事件からの学び
  7. フォトジェニックの次はムービージェニック?
  8. BOTANISTがTSUBAKIのシェアを抜く

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP