Business

ビッグバン・ディスラプション

Accenture-Outlook-Big-Bang-Rapid-Take-Up

これまでのロジャースが提唱した、イノベーター理論では、イノベーター(2.5%)、アーリーアダプター(13.5%)、アーリーマジョリティー(34.0%)、レイトマジョリティ(34.0%)、ラガード(16.0%)の5ステップに分けられていたが

アクセンチュアのシニア・フェローのラリー氏が提唱した理論、ビッグバン・ディスラプションでは、2つのステップの分けられる。

トライアルユーザー、バーストマジョリティーだ。

トライアルユーザーが試しに使い、その後、バーストマジョリティーが一気に市場に押し寄せてブームが到来。

その後、急速に市場は減少し衰退する。

浸透と衰退のスピードが上がっており、一つの商品のライフサイクルがかなり短くなっている。

Kinectが良い例か。

発売後60日で800万代売れたが、その後2年ほどで売り上げが減少した。

商品もそうだが、コンテンツやタレントの消費スピードもかなり早くなっている感がある。

面白いコンテンツはデジタルで一気に拡散され、デジタルやマスで一気に消費される。

ラッスンゴレライが一気にブームが来て、一気に過ぎ去ったのも近しい。

シェアできる環境が整ったことで、普及スピードがあがり、その分消費スピードもあがった。

いまは、どの分野でも生き残っていくのは難しい。

この時代につくられるロングセラーブランドはどんなものだろうか。

関連記事

  1. 効率を追いすぎると辿り着けなくなる
  2. PDCAはもう古い、次はOODAだ
  3. あらゆるカテゴリでポップアップストアが出てきている
  4. 画像から嗜好を把握し広告配信したい
  5. 地図ビジネス
  6. 柔軟剤にも進出するBOTANISTのライフスタイル戦略
  7. ライブコマースが日本でも加速
  8. 若年層に人気のコスメメディアLIPSと@cosmeを比較してみて…

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP