Business

UBERが日本で流行らない理由

数年前、UBERが話題となり日本に上陸。

多くのメディアでairbnbと並んで黒船的に取り上げられたが
最近めっぽう見聞きしない。

東京ではUBERに登録したタクシーが何台かあるようだが、自分もアプリは落としたものの使ってない。

UBERが海外で人気となった理由は、価格の安さ、社内の清潔さ、運転手の親切丁寧な接客で、それがアプリ1つでよびだせることにあった。

現金が無くても事前に登録したカード払いで決済されるしスマホのみで目的地まで快適にいける。

今までにないエクスペリエンスの提供が海外で人気となった要因。

ただし日本では苦戦している。

それは、今までにないエクスペリエンスの提供ができていないことにある。

日本のサービスクオリティは世界の中でもトップレベルだ。

電車は1分でも遅れればお詫び放送が流れるし
飲食店はおもてなしのサービスで溢れている。

タクシーは清潔で、頼んだ目的地まで最短ルートで正しく連れて行ってくれる。
支払いも現金、カードにスイカなど楽にできる。

質の悪いタクシー事業が標準となっている国ではUBERの強みを発揮できるが、日本のようにサービスクオリティが異常に高い国では差別化ができない。

そう考えると、日本の異常に高いサービスクオリティをデジタル化し、海外に輸出すればビジネスになりうるという意味か。

新しいものを作って世に出すイノベーティブな視点もあるが、日本の恵まれた環境を海外に提供していく視点も忘れないようにしなくては。

関連記事

  1. 顕在層に引き上げる行動喚起型テレビCM
  2. イノベーションジャパン2007に合流
  3. 中価格帯ブランドの苦戦
  4. 3つの香り
  5. 「新人できすぎ君」の陥りがちな罠
  6. 女性特有の問題に取り組むフェムテック(Femtech)が注目され…
  7. 雑誌を読まない若者が増えると何が起こるのか
  8. ビューティ系商材における、デジタルとマスを活用した大手の逆襲

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP