事例

F1運営組織FOHバーニー・エクレストン ウォッチ広告

F1運営組織FOHのCEO、バーニー・エクレストンは暴漢に襲われ金品や宝石類を盗まれ負傷した
その際に腕にはめていたのがウブロの腕時計であった

(写真:F1-Gate.comより抜粋)

広告のクリエーティブには「ウブロのためなら人が何をするか、見てごらん」と書かれている
実際の事件を広告に活かした事例

関連記事

  1. モノからココロヘ ポジションチェンジでヒットを作る
  2. ネットでMay J.が叩かれる理由
  3. パンテーン プレミアムプライベートサロン
  4. K1ワールドグランプリ
  5. きっかけ
  6. 福利厚生
  7. Youtubeのサービス
  8. あー今頃凄いこと思い出した

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP