advertising

広告の役割

広告の役割を証明することは難しい

広告を継続して実施し、その効果をインターネット調査などで継続的に測っていくと、「ブランド」に関してあまりスコアが変化しないことがある。

その「広告」の認知やそこから得られる理解度などはもちろん、広告の善し悪しで大きく変化するが、「ブランド」という視点で言うと大きく変わらないことがある。

あれだけ沢山広告を実施したのに、企業名、もしくは商品名が競合他社と比較して認知度が上がっていない。好意度が上がっていない。特徴理解されていない、という問題が起こる。
つまり、広告をやっても「ブランド」に対して影響を与えないのではないのか。広告をやる意味がないのではないか、といった議論に行き当たる。

結論としては、短期的な視点でみると「ブランド」のスコアが大きく変化することは難しい。
しかし、長期的な視点でみると、「ブランド」にきちんと跳ね返ってくる。
もちろん、企業努力もしない商品は問題外ではあるが。

競合他社も、多くの広告費を注ぎ、多数の生活者に認知してもらおうと努力する。
そして認知や理解、購入以降は少しずつ積上って行く。

広告を全て止めた年は、過去最高の利益率だったという事例もあるが
それを継続して行うと、徐々にそのブランドは忘れ去られ、購入検討の土台にあがらなくなる。

すぐに効果が出るもの、としてブランドを軽視してはならない。
ブランドは時間をかけて育てて行くものだ。

関連記事

  1. TVCMの効果測定プレーヤーの増加と、進むデジタル広告の配信整備…
  2. 市場は振り子 揺り戻しを繰り返す
  3. ブームにならないで売れ続ける難しさ
  4. 若者にノスタルジーは効かない
  5. 天才編集者 箕輪厚介の熱量
  6. 業界の変化とマーケティングの陳腐化
  7. コンセプトメイキングだけではなくシナリオメイキングまで必要
  8. 枠に収まらない選択肢 10年目のボヤキ

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP