Book

つなげる広告 共感、ソーシャル、ゲームで築く顧客との新しい関係性|京井良彦

京井良彦さんのつなげる広告を読み終わる。

Web広告を普段から扱っていると、市場で起きている動きやコミュニケーションの変化に都度適応するように動くため、ついつい何がどう変わっているのかを忘れがちになる。

でも、この書籍のように、過去から今、そして未来のコミュニケーションの動きをちゃんと残して行くのって大事だな。

つなげる広告 共感、ソーシャル、ゲームで築く顧客との新しい関係性 (アスキー新書)
京井良彦
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 75723

気になった項目としては、「コミュニティこそがブランドを差別化する」という部分。

現在は、商品やサービスが成熟して、昔ほど商品間、サービス間での差別化がはかりにくいものになっている。

だからこそ、商品はブランディングが大切だったり、友人からのレコメンドが購買に寄与することになる。

ソーシャルメディアが普及した今、つながりによるコミュニティは、他には存在し得ない唯一のものであり、そのコミュニティがブランドを差別化することに貢献している。

如何にコミュニティを作ることが大事かということを意味している。

企業がソーシャルメディアでアカウント開設する際、まずはやってみるというのは必要ではあるが、KGI、KPIの設定、目指すべきゴールの統一化、何を伝えるのかということを予め設計した上で開設する必要がある。

奇麗にまとまっており頭の中が整理される書籍だった。

関連記事

  1. Second Life
  2. Gmailのリッチテキストを変更する方法
  3. ソーシャルゲームのすごい仕組み|まつもとあつし
  4. ブログの書き込み数を把握するkizasi
  5. 壁紙は別々
  6. エンパワード ソーシャルメディアを最大活用する組織体制|ジョシュ…
  7. フェイスブック時代のオープン企業戦略|シャーリーン・リー
  8. 共感を入口に話題を作る あるあるネタ広告

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP