Book

ロングエンゲージメント なぜあの人は同じ会社のものばかり買い続けるのか|京井良彦

京井良彦さん著の
「ロングエンゲージメント なぜあの人は同じ会社のものばかり買い続けるのか」
を読み終わる。

京井良彦さんは3分間ビジネス・スクールというブログで定期的に、コミュニケーションをテーマに記事を更新している。

消費可能な情報量の話から、Twitter・Facebookの登場によってコミュニケーションの変化まで丁寧に書かれていて読みやすい。

マスを利用してアテンションを注視した「説得」の時代から、生活者が評価する「共感」の時代にコミュニケーションが変化していることが記載されており、後に佐藤尚之さんと提唱した「SIPS」理論のもとになった考えだろう。

生活者は、自分も製造に関与しその行程に巻き込まれることによって商品への愛着心が増し、ブランドとの関係性が深まる。

こういったものをエンゲージメント・マーケティングと呼び、その関係性を良く継続していく考え方を「ロングエンゲージメント」と名付けている。

関連記事

  1. パリピ経済 パーティーピープルが市場を動かす/原田 曜平
  2. スマートテレビ スマートフォン、タブレットの次の戦場|西田宗千佳…
  3. ソーシャルゲームのすごい仕組み|まつもとあつし
  4. 次世代コミュニケーションプランニング|高広伯彦
  5. GoogleでBlogの書き込み数を知る
  6. つなげる広告 共感、ソーシャル、ゲームで築く顧客との新しい関係性…
  7. ゴルフ週刊誌のFacebookが日本一になった理由
  8. 0.5秒が勝負 直感買いが進む若者

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP