Book

エンパワード ソーシャルメディアを最大活用する組織体制|ジョシュ・バーノフ/テッド・シャドラー

ジョシュ・バーノフ/テッド・シャドラー著の
「エンパワード ソーシャルメディアを最大活用する組織体制 (Harvard Business School Press) 」を読み終わる。

ZAPPOSの書籍を読んだ後、この書籍を読んだので前半は割と読みやすく感じた。

「エンパワード」「HERO」というキーワードがよく出てきている。

自発的に顧客の問題を解決するために動く人間を「HERO」と位置づけ、会社はその「HERO」を如何に増やし、支えていくか、信じていくかという視点で書かれている。

後半は、やや企業内の連携や取り組み方について書かれているため、広告会社の自分からすると読みにくい内容でもあった。

まず、HEROの力を活かすための4つのステップとして

1、マスに影響を及ぼせる人物を見つける
2、グランズウェルの顧客サービスを提供する
3、顧客に情報を提供し、力を与える
4、ファンの声を増幅させる

とまとめている。

会社の意見を最も広めてくれそうな人物をみつけ、インフルエンサーや会社を愛してくれる顧客を通じて情報を適切に伝えていくことが近道であるとのこと。

エンパワード ソーシャルメディアを最大活用する組織体制 (Harvard Business School Press)
ジョシュ・バーノフ テッド・シャドラー
翔泳社
売り上げランキング: 223726

関連記事

  1. 書籍は捨てずに電子化して残すBOOKSCAN
  2. 稼げます系スパムがInstagramに流れてきている理由
  3. 次世代コミュニケーションプランニング|高広伯彦
  4. LINE快進撃
  5. コミュニケーションを内包した商品
  6. FacebookとLinkedInを利用した飛行機の座席予約サー…
  7. 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりする…
  8. 明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法|佐藤…

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP