Amazon

脱メディア洗脳

ドクター苫米地の脱「メディア洗脳」宣言
洗脳広告代理店 電通という書籍を読み終える

本の帯にも過激な言葉が並んでいたのと
Twitterでも一時期沢山つぶやかれており
内容が気になっていたので買って読んでみた

第三者視点で読むと
そんな背景があるのかとか、ビジネスの中でも
色々と政治的な絡みがあったのかと驚く内容も多かった。

上田元社長やUP通信社ボーン氏の事件など
本に書かれていることが本当だったら
大変恐ろしい陰謀にも巻き込まれている。
この本をどこまで信じるかは読んでる読者によりけりだな。

電通や周辺のメディアを批判している本でもあるので
やや強引に話を持っていっているところもある。

有名人のつぶやきは全て広告だと思えとか
Facebookについでこれから何が流行るのかは
ごく一部の選ばれた人たちだけが集まる密室で密かに決められるなど
首を傾げたくなる部分もある。

2chでも批判が多い会社でもあるので
他からはどう見られているかを把握する一つのツールとして読むものかなと。

電通 洗脳広告代理店
電通 洗脳広告代理店

posted with amazlet at 12.04.08
苫米地英人
サイゾー
売り上げランキング: 206

 

電通の正体―マスコミ最大のタブー
『週刊金曜日』取材班
金曜日
売り上げランキング: 8216

関連記事

  1. ブログの書き込み数を把握するkizasi
  2. グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略|シャーリー…
  3. シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略|レイチェル・ボッツ…
  4. ツイッターノミクス TwitterNomics|タラ・ハント
  5. 同期の書籍
  6. 藤田晋の成長論|藤田晋
  7. Amazonで売れている商品を把握する
  8. 書籍は捨てずに電子化して残すBOOKSCAN

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP