ひとりごと

デジカメはこう選べ

近いうちにデジカメを買い替えたいなーと思っている
大きな買い物なので色々調べてみた

【高画素数=高画質はもはや神話】
通常、同じCCDを使った場合、画素数が上がれば上がる程ノイズが増えます。CCDというのはカメラで言えばフィルムに当たるもので、レンズから入ってきた光はCCDによってデジタルデータに変換されます。よって、光の量が同じ場合、1画素あたりに当たる光の量は300万画素より500万画素デジカメの方が少なくなります。結果、感度が下がり、ノイズが出やすくなるという仕組みです。100、200万画素の時代は、画素数が上がることで、画質も向上したが、いまはもう画素数が上がることのメリットは殆どありません。実際、業界的にも600万画素を越えたあたりからまさにネタ切れという状態で、そんな中で発売された某メーカーの1000万画素デジカメに対しては、業界も専門家も、反応はとても冷ややかでした。
でもフタを開けてみれば大ヒット。まだまだ、ユーザの間では「高画素数=高画質」という神話が健在だったというわけです。結果、他のメーカーも1000万画素モデルを続々発売する状態になっているが、これはあくまで売れるからです。勿論メリットが全くないとは言いませんが、とりあえず画素数が高いから高画質というのは間違いです。

俺はL版しかプリントしないし600万画素で十分かな

【解像度に続く新潮流は手ブレ補正と高感度】
手ブレ補正は今ではむしろ当たり前の機能ですが、まだまだ各メーカーに性能差はあります。当初から搭載していたPanasonicやCanonの補正機能は一枚上です。一方、FUJIFILMが推すのが、デジカメの弱点である暗い場所に強い高感度モデルです。感度を表すISOは、数値が高いほど光を集めやすいメリットがある一方、数値を上げると写真がザラつくデメリットもあります。最近このデメリットを抑えたモデルが登場しており、手ブレに並ぶ人気機能となっています。

2年前に買ったデジカメと今のデジカメって手ブレ機能で凄い差を感じるからなー確かにブレにくいし

旅行の写真など外での撮影がメインなら、Panasonicでしょう。手ブレ補正機能に加えて、広角28mmレンズを採用しているので集合写真を撮影する場合にも重宝するバランスがよい1台になります。
屋内写真がメインならFUJIFILMです。高感度に強いのでISOの高いモデルなら室内でも綺麗に撮影可能です。
高くてもいいのでオールマイティなカメラにするならCanonです。広角に強く、暗い場所でもそこそこ対応できます。ただ、暗い場所に限ればFUJIFILMの方が上です。

知り合いのプロのカメラマンや販売店の人から聞いたところ意外と撮像素子が大きいと光を取り込む量が多くなるので綺麗に撮れると言っていた。つまり撮像素子1/2.5型よりも1/1.8型が良いと言うことになる。
今持っているデジカメが520万画素で撮像素子は1/1.8型、手ブレ補正なしで画面が小さいNiconのCoolpix。画面が大きく、手ブレ補正付きでISO値が大きいのにしたいな。
ixy.png
CanonのIXY DIGITAL 10は710万画素、撮像素子1/2.5型。昔はNiconと同じ撮像素子1/1.8型だったのに。。でも形はどのメーカーよりも好き。
lumix.png
PanasonicのLUMIX DMC-FX30は720万画素、撮像素子1/2.5型。広角28mmにトリプルブレ補正、ISO3200は魅力的。
finepix.png
FUJIFILMのFinePix F40fdは830万画素、撮像素子1/1.6型。ISO2000に、えびちゃんの顔キレイナビ
撮像素子に目をつぶればPanasonicのLUMIX DMC-FX30だな。
室内での撮影が多いのでFUJIFILMのFinePix F40fdもいいしこの2つのどちらかだ。
kiss.png
もー少し考えよう。意外と一眼レフも悪くないかもしれないから。

関連記事

  1. ハプニング
  2. 続けること
  3. EverythingについてSomethingを語り
  4. スリムボトル
  5. GREEN DAYのNew Album
  6. ご報告
  7. 和製Ne-Yo
  8. せんとくん

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP