OOH

  1. 共感のために、リアリティと低クオリティのはざま表現

    ハイクオリティ、ハイコンテキストなTHE広告表現から、「セルフィー(自分)」「恋人の撮影(相手)」「カップルで撮影(両方)」のリアリティを重視したイマドキ表現の広告が最近増えている感。

  2. 共感を入口に話題を作る あるあるネタ広告

    最近、共感とか、自分ごと化という指標をKPIに、施策を回すことが周りで増えている。調査項目のファネル内に入れ込んだり、SNSでの反応も共感を指標にしたりもする。やっぱり共感しないものは、頭の中にも歩留らないし、一瞬で忘れてノイズという位置づけになってしまうのが原因か。「そうそうあるよね~」「なにこれ、わかるわw」と入口では共感してもらい、その商品に興味を持って貰う広告も多い。

  3. ASICS New York City Marathon

    ASICSのニューヨークシティマラソンの事例ニューヨークシティマラソンはニューヨークロー…

  4. Disney映画 TRON LEGACY Projection Mapping

    Disney映画 TRON LEGACYのProjection Mapping事例2010年…

  5. Stride 猿を探して200万円

    StrideのOOHとWEBを用いたキャンペーンが行われている味が長持ちするガムですごい売れてい…

  6. NYタイムズスクエア Forever 21のデジタルサイネージ

  7. 香港の看板

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

三児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP