Research

  1. 19年は共働き世帯向けのサービスがより本格的に加速する

    今年大きなキャズムを超えてきた兆候があり、来年にはより本格的に広がっていきそうだ。共働きの増加によって、企業側は共働き向けのモノやサービスの投下がより加速し、生活者は、もういい加減時間の無さは限界であるということで、両社ニーズマッチングの上で、より消費が活発になりそうだ。

  2. ソーシャルメディアでは本音を語らない

    女性を対象者とした定量調査では、ソーシャルメディアに投稿せず”見る専門”として利用している数が、Twitterは約半数、Facebookは8割、Instagramも約半数という結果もある。半分~8割ほどが”見るだけ”の利用だ。人はコミュニティの中にいるときは、そのコミュニティ内でどのように自分が見れているかを意識し、そのコミュニティ内で自分を創ってしまう。

  3. データがないなら人力でアナログ情報をデジタル情報に変換せよ

    この前、ヤフトピで取り上げられ注目されていた「恋愛統計」。2016年に発行された「りぼん」な…

  4. 広告費3倍差もあるクリントンを打ち破ったトランプのコミュニケーション戦略

    アメリカの次期大統領選で、ドナルド•トランプはクリントンを破り勝利した。 当初、トランプ氏の…

  5. Twitterの毎秒毎のつぶやき推移が把握できるtweet counter

    tweet counterを利用すると日本や世界の、毎秒毎のつぶやき数の推移が把握できる。どの時…

  6. Twitterを利用して企業の評判を把握する

  7. mixiページ ランキング&トレンド

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP