Strategy

  1. 後発ブランドがトップシェアを奪うには

    既に市場のトップを走るブランドが存在する中 後発ブランドを投入しトップの牙城を切り崩す ということを望まれることは 広告会社にとって珍しいことではない。生活者が後発ブランドに乗り換える、 またはカテゴリーの新規層を連…

Profile

 

千田 智治
Tomoharu Senda

 

広告会社 勤務
BI・デジタル・ストプラ

 

二児のパパ

My Social Media Account

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Booklog
  5. RSS

ピックアップ記事

PAGE TOP